相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

法定相続分課税方式とは

法定相続分課税方式とは

相続税の課税方式には3通りあり、遺産課税方式・遺産取得課税方式・法定相続分課税方式という加算方式にそれぞれ区分されます。
今回はその中の法定相続分課税方式についてみてみましょう。

法定相続分課税方式とは、遺産取得課税方式(遺産の分割の仕方により相続税が変わる)を基礎とした課税方式で、法定相続分の相続額で相続税を計算する方式です。
先の税制改正まではこの方式で相続税の額を決定していました。

遺産分割の仕方によって相続税が変化してくるという点を、法定相続分で分割したものとみなして相続税の総額を算出します。
こうして相続税の額を算出することによって、遺産分割の仕方が違っても、遺産と法定相続人が同様なら相続税の総額は変わらないようになっています。つまり、兄弟で取得金額が違っていたとしても、この場合は同じ税率(平均税率)が適用されます。
しかし、遺産規模や法定相続人の数が変わってくると同じ金額を相続しても相続税が変わってきます。

例えば、「遺産全体が5億円の方で1億円相続する方」と「遺産 全体が1億円の方で1億円相続する方」がいた場合、同じ1億円相続してもその方の税額が違います。計算が複雑になります。
相続財産を法定相続分で分割したものとして相続税の総額を計算する現行相続税法の課税方式となります。

遺産分割のやり方に関わらず、遺産の額と法定相続人の数が同じである限り、相続税の総額は一定となる一方、同じ額を相続しても、遺産の額と法定相続人の数が変わってくると、相続税の額も変わってくるという不公平も指摘されています。

遺産取得課税方式では、相続した額が同じであれば、相続税額も同じ額となります。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この先どのように進めて良いやら、誰に頼めば良いのか、手続きにいくらかかるのか、全く分からず、インターネットで相続のことを検索したり、人に聞いたりしていたところ、義兄の勤めていた三井物産関係で、相続の講演があり相談もできるとの情報を聞き、チェスターに行 […]

1)丁寧にお話、説明をして頂きました。 2)膨大で煩雑な書類に細かく目を通されたことがよくわかります。 3)調査の結果手数料があがっても仕方ない状態と思っておりました。  

初めての相続手続きで大変でしたが、山本氏・山崎氏に親切・ていねいに対処をして頂き非常に助かりました。 又、山崎氏よりチェスターの司法書士(羽多野氏)を紹介して頂き、 不動産の手続きも完了しました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る