相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

貸家の相続税評価

貸家の相続税評価

貸家は、自分が住んでいるのではなく、人に貸している家屋です。

当然借主が住んでいますから、その建物の評価は通常の家屋の評価の計算とは違う計算方法が決められています。

ただし、この規定は、自由に処分する権利が制限されたための評価減を考慮するための規定ですから、借家であるには借家人が入居していることが条件です。

人が住んでいなければ、貸家とするために所有している建物であっても、貸家の評価はされないことになります。

具体的に、次のように計算されます。

固定資産評価額×借家権割合×賃貸割合・・・これが評価減です。

固定資産評価額からこの評価減をさし引いた額が貸家評価額となります。

借家権割合は、全国的にほとんど30パーセントになっていますが、大阪の一部では40パーセントの地域があります。

よって、普通は貸家の評価額は通常の家屋の評価額の70パーセント相当の額になります。

例えば固定資産評価額が5000万円の建物で、借家権割合が30パーセントの場合、評価減額は5000万円×0.3×100パーセントで、1500万円です。

5000万円から評価減額1500万円を控除した3500万円が貸家評価額となります。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

しっかり、淀みなく話しをして頂いた。他で話した時は、あやふやにしたり口調が横柄になる所もあったが、担当の方々には無かった。 金額も最初に出てきて安心できた。

アフターサービス(今後、税務調査への対応)に期待しています。

保険関係でどうしても理解出来ない事も丁寧に何度でも教えて頂き、有り難い事でした。 冷静で的確で良い感じを受けました。 本当にありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る