年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺産相続の手続きでまずやること

遺産相続の手続きでまずやること

遺産相続の手続きでまずやること

遺産相続という言葉は日頃からよく耳にしますが、実際にその手続きをされた方がどれほど多くいるでしょうか。

身内で今までにお悔やみ事を経験されたことがあっても、実際の遺産相続手続きをされた方はそこまでいらっしゃらないはずです。

遺産相続にあたっての手続き事項は意外に多く、手順を追って進める必要があります。

まず最初にすることが、死亡届の提出です。

死亡届は市区町村役場に故人が死亡された日から7日以内に提出する必要があります。

死亡届を提出しなければ、埋火葬する際に必要な埋火葬許可証が発行されない為故人を火葬することができなくなります。

故に、死亡届はまず最初にしなければいけないのです。

死亡届を提出し故人を安らかに葬ってから実際の遺産相続手続きが始まります。

故人が生前に自らの遺産に対してどのように処理したいかの意思表示を示す遺言書が存在するかどうかの確認、法定相続人の確定、相続財産を調査し相続財産目録を作成します。

相続財産の詳細を理解した段階で、その遺産を相続するかしないかを法的に手続きします。

被相続人の準確定申告が必要となる場合もありますので、これも忘れてはいけません。

相続の意思を確定した後、遺産分割協議をし、協議書を作成します。

そこから、実際に遺産分配いわゆる各相続内容に対しての名義変更を行い、最後に相続税の申告と納付をするという流れです。

各手続きには、それぞれ法的に定められた手順があり、また各相続人の意思にも関わる遺産相続は簡単に済ますことのできない場合が多く、お身内の方が亡くなられた悲しみにいつまでも浸っていられないというのが現状です。

関連性が高い記事

死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能

1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]

相続税申告に必要な資料収集方法

<身分関係> 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等 相続税申告書の添付書類として、又相続財産の名義変更の際に必ず必要となります。 転籍や婚姻などをされている場合、転籍前や婚姻前の本籍地所在地の市区町村で、除籍謄本や改製品原戸籍を取得しなけれ […]

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る