相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

家族名義の預貯金の相続上の取り扱い

家族名義の預貯金の相続上の取り扱い

子供や孫の名義で、将来のために・・・と貯金してあげている方は多いと思います。

こうした家族名義になっている預貯金は、相続の対象になるのでしょうか。

こういった預金は、形式的には子や孫の名前で預金しているのですが、実質的に預金しているのは別の人です。

国税庁は、“実質的に被相続人にかかる預貯金と認められるものは、被相続人の相続財産に該当”するものとしています。

では、“実質的に被相続人にかかる預貯金”とはどのように判断されるのでしょうか。

それは、その名義となっている本人が、収入の出所や財産形成の経過を説明する事ができない、その上、その預貯金の管理や運用が被相続人が行っていた場合に、その名義は形式のみ、と判断されます。

例えば、夫が妻を残して亡くなった場合、夫が給料の中から妻のために妻名義の貯金をしていたのなら、夫の財産とみなされますし、逆に、妻名義の預貯金が全て夫の給料が基になっていたとしても、妻が毎月夫の給料をやりくりして溜めたヘソクリならば、堂々と自分の名義だと主張すればいい訳です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る