相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特別養子縁組とは

養子縁組は普通養子縁組と特別養子縁組に分かれます。ここでは特別養子縁組ついて説明します。

特別養子縁組とは、養親が養子を実子と同じ扱いにすると同時に、実親と養子の親子関係が消滅する養子縁組を言います。

特別養子縁組による養子は、戸籍において長女や長男など実子としての記載がされる為養子縁組による親子関係であることが確認しずらくなります。

特別養子縁組は実父母による虐待などの原因をそれに含まず、原則として実父母の同意及び家庭裁判所の審判が必要とされます。

家庭裁判所は養子となる子がその養子縁組を特に必要としているかどうかを判断します。

また、養親になるにも要件があります。

それは、25歳以上の配偶者を有する者でなければならず、夫婦ともに養親にならなければいけません。これは養子に十分な養育環境を保証する為の要件です。養子となるものは6歳未満でなければいけません。

例外として、6歳未満からすでに養親にとなる夫婦に看護されていることが分かれば、その年齢が8歳未満の場合特別養子縁組ができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)とても分かり易く説明していただきました。 (2)相続人三人が中々揃う日が無かったのですが、御遠方から何度も来ていただいて助かりました。 (3)電話でも高齢の私に丁寧に応対して下さいました。これからも何か困る事ができましたら、相談させていただきた […]

疑問に対する説明が丁寧でわかり易かった。 優先度を示され業務の進行が早くて良かったと思う。

必要書類のそろえ方や、様々な制度について、1つ1つ分かりやすいご説明をしていただき助かりました。 疑問にも丁寧で迅速なご対応を頂き安心してお任せすることができて、感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る