年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

供花の種類

供花の種類

供花の種類

葬儀の席に生花を供えることを供花と呼びます。

この供花は故人を偲び、その成仏を願えるために供えられるものです。

古くから葬儀で使用する供花にはよく菊の花が使われてきました。

これは、もともと菊を高貴の印と見、天皇の御紋としても使う文化背景があり、西洋で葬儀に使われてもきた菊がその影響で日本でも使われてきた由来があります。

しかし、最近では供花に使われる花は菊ばかりではなく、ユリや蘭なども使われることが多くなってきました。

供花の種類は決められたものはありません。

美しい浄土を思い浮かばせるために、白を基本色として、アクセントとする花も淡色に備えられることが多いようです。

一番に故人が好んでいた花があれば、その花を使った供花をお供えするのが一番でしょう。

供花のスタイルも様々で、スタンド式、畳や床に置くアレンジ式、花輪、鉢植え、花束などです。

しかし葬儀宗教の違いや礼儀作法から、適当なものと適当でないスタイルがありますので、十分注意し供花してください。

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る