年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

定期金に関する権利の相続税評価における予定利率

定期金に関する権利の相続税評価における予定利率

定期金に関する権利の評価について

定期金に関する権利の評価について、相続税法24条の旧規定においては、定期金に関する権利の評価は残りの期間により決定をされた割合に、年金の受給総額に乗じる事によって算出をしていました。

しかし、新しい規約では、予定利率を利用して、今後受取る年金の中から、現在価値というものを算出して、この年金の現在価値で、一時金、解約返戻金のどちらか金額の多いものを“その定期金に関する権利の評価”となります。

定期金とは

続いて定期金について説明をしていきます。この定期金とは言わば“年金”と同じような仕組みであります。定期金では一定の期間において、現金等の給付を受ける権利があり、給付事由の発生の有無によって分類をされます。

さらに、給付事由が発生しているケースでは、その給付の期間により有期定期金や無期定期金、または終身定期金といった、3つに分けられるのです。

改正前では、定期金に関する権利を評価するケースにおける割合または倍数というのは、1950年の時に金利水準または平均余命年数などを元にして考えられていたので、実際のものとは違った結果となっていました。

給付事由の発生している定期金に関する評価については、所定の経過措置を講じた上で、

1、解約返戻金で得た額

2、定期金に代え、一時金の給付を受けることができるケースでの、当該一時金の額

3、予定利率等を元にして出した金額

この中で一番多い金額が評価されることにされました。

しかし、ここで注意が必要なのは、解約返戻金の額と一時金の額、または給付を受けるべき期間、そして金額や予定利率という重要事項の変更や契約に関する権利についての価額の計算に関係するもの、そして契約者、または定期金受取人・当該契約に関する権利を取得する時期の変更など、軽度な変更に当てはまっていないものについては、その変更が行われた日に、新しく締結された契約とされますので気を付けてください。

【財産評価基本通達】(その他の財産)

(予定利率)

200-6 相続税法第24条及び第25条の規定により定期金給付契約に関する権利を評価する場合の「予定利率」は、当該定期金給付契約に関する権利を取得した時における当該契約に係る「予定利率」をいうのであるから留意する。(平22課評2-18外追加)

関連性が高い記事

個人向け国債の相続税評価

個人向け国債とは 個人向け国債(個人向け利付国庫債券)は、日本国が発行している国債であり、その購入者は個人に限定されており上場はされていません。 利払いは年2回、発行月と発行月の半年後の月の各10日に支払われます。 原則として中途換金は発行後1年を経 […]

信託受益権の相続税評価

信託受益権の相続税評価 信託受益権とは、信託財産から生じた利益を受け取る権利のことをいいます。 信託とは、第三者(実際には銀行や信託会社など)に財産の所有権を移転させて、第三者が運用することを託す契約をいいます。 つまり、資産の運用を第三者に任せると […]

貸付金債権の相続税評価

貸付金債権の相続税評価 貸金債権とは、後日、同額のものを返還することを約して、一定量の金銭を貸し付けた場合における、その返還を請求することができる権利をいいます。 貸金債権は、消費貸借契約(民法第587条)の定める契約のうち、金銭を目的物とした場合の […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る