相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

宅地造成費(土盛り費用等)の相続実務上の計測方法

土地の相続税評価において、雑種地等を評価する際には、宅地として通常通り評価した評価額から宅地造成費を控除することが可能です。

この宅地造成費は、都道府県ごとに国税庁が定めた単価があり、例えば、東京都の場合は以下の通りとなります。

整地費:600円/㎡
伐採・抜根費用:600円/㎡
地盤改良費:1,400円/㎡
土盛費:4,700円/㎡
土止費:55,500円/㎡
※ 国税庁HPより

例えば、100㎡の土地で整地が必要と判断された場合には、

600円(整地費)×100㎡ = 6万円

となり、計算は難しくありませんが、例えば、土盛費用の場合、実務上はどのように計測すれば良いのでしょうか?

路線価の付いた道路面まで水平になるように土を埋めたら何立方メートルになるのか。
先ほどの同じ100㎡の土地で、道路面より一律50cm下がっているといった場合には、

100㎡×0.5m = 50㎥

と、すぐに計算ができます。ただ、実際には一律に下がっておらず、凸凹があったり、なだらかに斜面になっていたり、測定が複雑なケースが多々出てきます。

こういった体積を正確に測定することを考えると、やはりプロの測量士に依頼する必要がでてきます。我々も、状況に応じて測量士に測定の依頼をかけることもあります。
ただ、測量にかけるコストと相続税の評価減額が釣り合わない場合も実務上、多くあります。

そういった場合には、我々で、できる限りの測量を行うこともあります。そのために、レーザー測量機器や、水平器、メジャーポール等の様々な測量グッズを用意しています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

最初にお会いした時は、大変若いお二人でしたので少し心配になりましたが、滞りなく無事に相続税を納めさせて頂き、ほっとしています。ありがとうございました。

申告期限が短いにもかかわらず、ていねいにスピーディに処理して頂き感謝しております。ありがとうございました。 担当の方から進捗状況の連絡もあり誠意ある対応でとても安心して期日まで待つ事ができました。

メールでのやりとりが中心でしたが、担当者の方のレスポンスが早く、 質問や要望にも丁寧に対応していただけた印象です。 提出資料などについてはデータで送っていただくこともできたので、作業しやすくて助かりました。 少し時間はかかりましたが細かくチェックして […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る