相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

宅地造成費(土盛り費用等)の相続実務上の計測方法

土地の相続税評価において、雑種地等を評価する際には、宅地として通常通り評価した評価額から宅地造成費を控除することが可能です。

この宅地造成費は、都道府県ごとに国税庁が定めた単価があり、例えば、東京都の場合は以下の通りとなります。

整地費:600円/㎡
伐採・抜根費用:600円/㎡
地盤改良費:1,400円/㎡
土盛費:4,700円/㎡
土止費:55,500円/㎡
※ 国税庁HPより

例えば、100㎡の土地で整地が必要と判断された場合には、

600円(整地費)×100㎡ = 6万円

となり、計算は難しくありませんが、例えば、土盛費用の場合、実務上はどのように計測すれば良いのでしょうか?

路線価の付いた道路面まで水平になるように土を埋めたら何立方メートルになるのか。
先ほどの同じ100㎡の土地で、道路面より一律50cm下がっているといった場合には、

100㎡×0.5m = 50㎥

と、すぐに計算ができます。ただ、実際には一律に下がっておらず、凸凹があったり、なだらかに斜面になっていたり、測定が複雑なケースが多々出てきます。

こういった体積を正確に測定することを考えると、やはりプロの測量士に依頼する必要がでてきます。我々も、状況に応じて測量士に測定の依頼をかけることもあります。
ただ、測量にかけるコストと相続税の評価減額が釣り合わない場合も実務上、多くあります。

そういった場合には、我々で、できる限りの測量を行うこともあります。そのために、レーザー測量機器や、水平器、メジャーポール等の様々な測量グッズを用意しています。

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る