年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

損をしないために知っておきたい遺留分減殺請求の7つのポイント

損をしないために知っておきたい遺留分減殺請求の7つのポイント

自分が一体どれくらいの財産を相続する権利があるのかきちんと確認していますか?

相続の際に、自分がもらえるはずの相続分が貰えていないと気付いた時、遺留分減殺請求をすることによって取り返すことができるのです。

この遺留分減殺請求とは何なのか、期限はあるのか、どのようにして請求すればよいのか、詳しくご紹介していきます。

1.遺留分はどのようなものなのか

損をしないために知っておきたい遺留分減殺請求の7つのポイント

遺留分減殺請求は、自分が相続人として受けられる相続分が侵害されている場合に、一部を自分に渡すよう請求することが出来るという権利です。この請求できる部分を「遺留分」と呼びます。

遺言が残されている場合、原則としてその遺言の内容に従って財産を分配していくことになります。しかし、場合によっては相続人に対し財産が渡らないケースも出てきます。すべての財産を特定の相続人に相続させることにすれば、他の相続人は財産を受け取れませんし、愛人に遺贈することや福祉団体にすべて寄付するという事を遺言で決めていれば、相続人には財産が渡りません。

しかし、相続人となる人は亡くなった人と極めて近い関係にあります。財産を取得できなければ、場合によっては住んでいる家を追われたり、生活に困窮したりという事も起こるでしょう。そのようなことを防ぐため、一定の財産を相続することが出来るようにしているのです。その一定の財産が「遺留分」という事になります。

【ポイント】

損をしないために知っておきたい遺留分減殺請求の7つのポイント

遺留分とは、相続人が最低限財産を取得する権利

遺留分減殺請求とは、遺留分が侵害されている場合に、遺留分の範囲内で財産を返すように供給すること

2.遺留分減殺請求はどのようなものなのか

一定の相続人は遺留分を、自分に渡すよう請求できることになります。この請求が「遺留分減殺請求」です。

遺言で相続できないことになった人や、相続できてもそれが遺留分に満たない場合などに請求が可能です。

すべての相続人が遺留分減殺請求をできるわけではありません。

遺留分減殺請求を行うことができるのは遺留分がある相続人に限られます。相続人には配偶者、子、直系尊属(親など)、兄弟姉妹が入る可能性がありますが、このうち兄弟姉妹には遺留分がなく、遺留分減殺請求もできないことになります。

損をしないために知っておきたい遺留分減殺請求の7つのポイント
遺留分のない兄弟姉妹に財産を渡したくないという事であれば、遺言で他の人に財産を引き継がせることを指定しておけばその通りに実現されることになります。

他の相続人に対しては、廃除の手続きなどをしていない限り、遺言だけでは遺留分減殺請求される可能性があります。遺言を遺す際にはその点も考えに入れておくとよいでしょう。

3.遺留分減殺請求できる期限はあるのか

損をしないために知っておきたい遺留分減殺請求の7つのポイント

いつまでも遺留分減殺請求ができるとなると財産の帰属がいつまでも決まらないことになります。そのため、時効が定められています。

自分が相続人となったことを知り、さらに減殺請求できる遺留分があるという事を知った時から1年と決められています。「知った時」というものは証明がしづらいので、一般的には相続される側の人が亡くなった時から1年と考えることになるでしょう。

もし相続人となったことも知らずにいたとしても、10年で時効を迎え、遺留分減殺請求が出来なくなりますので、注意しておきましょう。

4.遺留分減殺請求は必ず行うのか

遺留分減殺請求は義務ではありません。するかどうかは個々の相続人の考えで構いません。特に生活に困る状況でもなく、亡き人の意思を尊重してあげたいというのであればあえて請求しなくてもよいのです。請求してもそれほど多くの財産がもらえない場合や、請求することでトラブルになる可能性が高い場合などは請求しないことも多いです。

5.どのように遺留分減殺請求をするか

遺留分減殺請求は特に方法が定められているわけではなく、請求する相手にその意思が伝わればよいという事になっています。遺言などで財産を受けた人に対し、何らかの形で遺留分減殺請求をすると伝えればよいのです。

その後の手続きや、請求したことを証拠として残しておくという事を考えると、書面に残しておくのが良いでしょう。内容と日付が証明しやすい内容証明郵便を使うとよいでしょう。日付は時効との関係で重要になりますので、公的な証明として残しておいたほうが良いのです。

もし、遺留分減殺請求をしても相手が応じない場合には調停や裁判へ進んでいくこともあります。ここからの手続きは証明することや主張の仕方など、素人では対処できないことも増えていくので、弁護士などの専門家に依頼する必要があるでしょう。

6.どのように書面を作ればよいのか

遺留分減殺請求は自分でできますから、請求の書面も自分で作成することが多いでしょう。内容としては遺留分減殺請求をすることが伝わればよいのですが、書き方に戸惑う方も多いはずです。

検索をすると文例が出てきますので、それを自分のケースにあてはめて変えていくのが最も簡単な作り方といえます。あとあと証拠として残るものでもありますから、間違いがないようにしっかりチェックしてください。

7.トラブルのもとにもなりうる遺留分減殺請求

遺留分減殺請求は相続人に与えられた最低限の権利といえます。もちろん請求すること自体は悪いことではありません。だまされて遺言を書いたと思われるケースや、遺言に問題があり、亡き人に相続人に財産を渡さないという意思があったとは思えないケースでは、権利行使したほうが良いでしょう。

しかし、遺留分減殺請求が起こるケースでは、亡くなった人にとって身近な人同士が争うという事になります。親族関係の中で争うことになると、その後の関係にも大きな影を落とします。その点も考え、手続きの進め方を検討していくようにしましょう。

まとめ

遺留分減殺請求をすることで、争いに発展する可能性もあるでしょう。

争わないためにも、争族対策を早めに行っておくことが大切になるでしょう。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る