年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

二重相続資格者という言葉をご存知ですか?1つの相続の相続人の中に相続人としての身分を二重に保有している人のことを言います。

1人で2人分の相続の権利を有することになる二重相続資格者がいる場合、法定相続人の数や法定相続分にはどのような影響がでるのでしょうか?

1.法定相続人と法定相続分

(1)法定相続人の考え方

法定相続人とは当該相続において、相続する権利を有する人を言います。法定相続人は、被相続人と婚姻関係のある者と血族関係のある者とされています。

そして、法定相続人には順位があり、先順位がいる場合にはそれ以下の血族は法定相続人とはなりません。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

法定相続人の数は相続税の基礎控除の算出や、死亡保険金・死亡退職金の非課税枠の算出、相続税の算出などに関係する人数となり、実際に相続する人=法定相続人というわけではありません。

例えば、法定相続人の中に相続放棄をした者がいる場合にも、その放棄は無かったことと考えて法定相続人の人数には含まれます。しかし、相続を放棄しているため、実際は被相続人の財産を相続することはありません。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

(2)法定相続分

法定相続分は、各相続人の取り分の目安として使用されます。目安となるため、必ずその取り分で相続しなければならないというわけではありません。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

上記のように、配偶者と各相続人で取り分か決められています。

第1順位、第2順位、第3順位の相続人が複数人いる場合には、各法定相続分を人数で分けることになります。

例えば、配偶者と子が相続人となった場合、法定相続分は1/2づつとなり、子が2人の場合は、1/2を分けるため1/4づつが法定相続分となります。

2.二重相続資格者がいる場合の法定相続人の数え方

例題を使用して考えていきましょう。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

【例】

太郎さんには配偶者、長男・次男・長女の3人の子どもがいました。長男は体が弱かったため、

長男の息子である孫の一郎を養子としました。その後、長男が亡くなり、次いで、太郎さんも亡くなりました。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

上記のケースでは、一郎は被相続人の養子という立場と長男の代襲相続人という2つの立場を所有していることになります。

この場合、一見、法定相続人は、被相続人の配偶者と子3人(代襲相続を含む)、孫養子の5人?と考えがちですが、代襲相続人と孫養子は同一となるため、被相続人の配偶者と子2人、孫養子の4人となります。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

つまり、代襲相続人と養子の二重資格が適用されていないことになります。

ちなみに、普通養子縁組による養子の場合は法定相続人に含めることができる人数に制限があり、被相続人に実子がいる場合は1人、実子がいない場合は2人までとなります。

3.二重資格者がいる場合の法定相続分について

二重資格者がいる場合の法定相続人の数は二重資格という点を外して、人数を考える形になりました。しかし、法定相続分は考え方がまた異なります。先ほどの例で考えていきましょう。

太郎さんの相続の場合、相続人は配偶者、子2人、孫養子の4人ですが、法定相続分は配偶者が1/2、子が1/2をそれぞれ分けることになります。

ここで、注意があります。

孫養子は長男の代襲相続人という立場でもあります。従って、法定相続分は1/2を4で分けることになるため、1/8つづとなります。

そして、孫養子は代襲相続の相続分1/8と養子の相続分1/8の合計1/4が相続分となります。

代襲相続と孫養子|二重相続資格者の法定相続人の数と相続分

このように、二重資格者の相続分は、それぞれの身分の相続分を足した合計となります。

まとめ

相続人の中に二重資格者がいる場合、法定相続人の数と法定相続分の考え方では二重相続者の扱いが異なります。特に、法定相続人の人数は相続税の金額に大きく影響がでるため、しっかりと理解しておくようにしましょう。

関連性が高い記事

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

姻族関係終了届とは

姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]

代襲相続と法定相続人の人数

1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る