相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

二重相続資格者とは、1つの相続の相続人の中に相続人としての身分を二重に有している人のことを言います。

1人で2人分の相続の権利を有することになる二重相続資格者がいる場合、法定相続人の数や法定相続分にはどのような影響がでるのでしょうか?

1.法定相続人の数と法定相続分

(1)法定相続人の数の考え方

法定相続人とは当該相続において、相続する権利を有する人を言います。法定相続人は、被相続人と婚姻関係のある者と血族関係のある者とされています。

そして、法定相続人(血族関係のある者)には順位があり、先順位がいる場合にはそれ以下の血族は法定相続人とはなりません。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

法定相続人の数は相続税の基礎控除の算出や、死亡保険金・死亡退職金の非課税枠の算出、相続税の算出などに関係する人数となり、実際に相続する人=法定相続人というわけではありません。

例えば、法定相続人の中に相続放棄をした者がいる場合にも、その放棄は無かったことと考えて法定相続人の人数には含まれます。しかし、相続を放棄しているため、実際は被相続人の財産を相続することはありません。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

(2)法定相続分

法定相続分は、各相続人の取り分の目安として使用されることもあるが、必ずその取り分で相続しなければならないというわけではありません。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

上記のように、配偶者と各相続人で取り分が決められています。

同順位の相続人が複数人いる場合には、各法定相続分を人数で分けることになります。

例えば、配偶者と子が相続人となった場合、法定相続分は1/2ずつとなり、子が2人の場合は、1/2を分けるため1/4ずつが法定相続分となります。

2.二重相続資格者がいる場合の法定相続人の数え方

例題を使用して考えていきましょう。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

【例】

太郎さんには配偶者、長男・次男・長女の3人の子どもがいました。長男は体が弱かったため、

長男の息子である孫の一郎を養子としました。その後、長男が亡くなり、次いで、太郎さんも亡くなりました。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

上記のケースでは、一郎は被相続人の養子としての身分と長男の代襲相続人としての2つの身分を有していることになります。

この場合、一見、法定相続人の数は、被相続人の配偶者と子3人(代襲相続を含む)、孫養子の5人?と考えがちですが、代襲相続人と孫養子は同一となるため、被相続人の配偶者と子2人、孫養子の4人となります。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

3.二重資格者がいる場合の法定相続分について

太郎さんの相続の場合、相続人は配偶者、子2人、孫養子の4人ですが、法定相続分は配偶者が1/2、子が1/2をそれぞれ分けることになります。

孫養子は長男の代襲相続人としての身分でもあります。従って、法定相続分は1/2を4で分けることになるため、1/8ずつとなります。

そして、孫養子は代襲相続の相続分1/8と養子の相続分1/8の合計1/4が相続分となります。

二重相続資格者がいた場合、法定相続人の数と法定相続分はどうなるの?図解解説付き

このように、二重相続資格者の相続分は、それぞれの身分の相続分を足した合計となります。

まとめ

相続人の中に二重相続資格者がいる場合、法定相続人の数と法定相続分の考え方では二重相続資格者の扱いが異なります。特に、法定相続人の人数は相続税の金額に大きく影響がでるため、しっかりと理解しておくようにしましょう。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続について、細かい説明をわかりやすくしていただき納得できて、たいへん感謝しております。

相続という慣れないことで不安でしたが、担当の方のご対応がすばらしく安心してお願いすることができました。 申込後の応答や質問した時の回答の早さ、郵便は追跡番号のある物でやりとりと過不足のない対応をしていただき、ありがとうございました。

・最初の相談時に、高いプロ意識と業務に対する誠意を感じました。 ・詳細の説明時の行程表通りにほぼ手続きが進行していき、信頼感が増しました。 ・全体を通して依頼人をお客様として捉える接客態度に好感を持ちました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る