相続税の申告・相談なら年間申告実績2,300件超の
相続専門集団におまかせ

ロゴ

相続税の税理士法人チェスター

相続税の税理士法人チェスター

年間相続税申告件数 2,373件(令和5年実績) 業界トップクラス
【全国14拠点】
各事務所アクセス»

徹底解説!相続税を申告するときに必要な添付書類【まとめ一覧】

こんなに必要なの?相続税の申告時に必要な添付書類まとめ

相続税の申告を行う際には、相続税の申告書の提出とともに様々な添付書類が必要です。添付すべき書類は相続する財産の種類によって変わり、多い場合には莫大な枚数の添付書類が必要になります。いったい何をどこから準備すればよいのかわからない…という方のために、相続税申告に必要な添付書類をまとめてご紹介します。

1.相続税の申告を行う際に必要な添付書類

まずは、相続税申告時に必ず提出する添付書類をご説明します。取得場所も一緒にご紹介しますので、一度にまとめて取得しておきましょう。

(1)遺産分割に関する書類

遺言書または遺産分割協議書の写し

遺言がある場合には遺言書の写し、遺言がない場合には遺産分割協議書の写しが必要となります。

*申告期限までに遺産分割協議が成立しない場合には「申告期限後3年以内の分割見込み書」を添付して提出しておきましょう。

(2)被相続人(亡くなった人)に関する書類

被相続人の戸籍謄本

亡くなった人(被相続人)が生まれてから亡くなるまですべての戸籍謄本が必要です。転籍前、婚姻前などの本籍地で除籍謄本や改製原戸籍を取得します。

【改製原戸籍とは】

コンピュータ化されている戸籍謄本の場合、コンピューター化される前の物も必要となります。このコンピューター化される前の戸籍謄本を改製原戸籍と言います。
*本籍地が変わっていない場合は本籍地の役所・役場ですべて取得することが可能ですが、転籍等により本籍地が変わっている場合は、それぞれの本籍地で取得する必要があります。

【取得に必要な添付書類】

被相続人と同一戸籍に記載されている人(配偶者、子、被相続人の両親など)が請求する場合には所定の用紙に記入するだけで請求が可能です。同一戸籍に記載されていない方が請求を行う場合には、委任状が必要です。

被相続人の住民票の除票

住所の移り変わりを確認する書類です。相続時精算課税制度を選択している場合や、被相続人(亡くなった人)が老人ホームに入居していて小規模宅地等の特例の適用を受ける場合に必要となります。

(3)相続人に関する書類

相続人に関する書類に関しては、全員分必要な書類と該当する人が必要な書類があります。

① 相続人全員分必要な書類

相続人全員の戸籍謄本
相続人全員の住民票
相続人全員の印鑑証明

② 該当する相続人が必要な書類
相続人の戸籍の附票

相続時精算課税制度の適用を受ける人や、非同居親族で小規模宅地等の特例の適用を受ける場合に必要になります。

【補足説明】
上記の書類は2~3通づつ準備しておきましょう。相続税の申告の際に税務署に提出と、相続登記(名義変更)を行う際に必要となります。

また、各書類は郵送での請求も可能です。郵送で請求する場合には、返信用封筒と手数料の添付が必要となります。

戸籍謄本、住民票等の手数料

手数料は定額小為替で送金を行います。定額小為替とは現金を定額小為替証書に変える方法を言います。ゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口で申し込むことが可能です。

ゆうちょ銀行HP

2.相続する財産に応じて必要な書類

相続する財産によって必要な添付書類が変わります。上記でご説明した書類にプラスして以下の書類を準備する必要があります。

(1)現金預金に関する書類

現預金の相続に関しては以下の書類が必要となります。現預貯金は相続財産を確定させるためにも調べる必要があります。早めにとりかかりましょう。

現預金を相続する場合に必要な書類

【残高証明・既経過利息計算書を取得する際に必要な書類】

銀行に提出する書類

必要書類は各金融機関によって異なる場合がありますので、事前に問合せを行ってください。

(2)土地や建物を相続した場合に必要な添付書類

① 土地を相続した場合
全部事項証明書(登記簿謄本)

登記簿謄本は「全部事項証明書」と「一部事項証明書」の2種類があります。相続税申告に必要な登記簿謄本は「全部事項証明書」となりますので間違えないようにしてください。

郵送での請求も可能です。郵送で請求する場合には、登記事項証明書申請書に必要事項を記入し、返信用封筒(切手)を同封して請求します。郵送の場合には1週間程度時間がかかるので余裕をもって請求してください。

固定資産税評価証明書

 

【固定資産税評価証明書の取得時に必要な書類】

固定資産税評価証明書の取得に必要な書類

 

名寄帳

名寄帳は固定資産課税台帳のことを言います。相続人が所有している不動産の一覧表のような物です。

管轄する地域の不動産に関する情報が記載されていますので、管轄外地域に不動産を所有している場合には、その不動産を管轄する市町村役所・役場/都税事務所にて請求する必要があります。

地積測量図・構図

地積測量図は無い場合もありますので、ない場合には公図のみで問題ないです。相続する土地の形状や面積、大まかな位置を確認するために必要な書類となります。

全部事項証明書(登記簿謄本)同様に、郵送での請求も可能です。

住宅地図

法務局等でコピーを取得できます。著作権等の問題から無断コピーは禁じられていますので、法務局や図書館にて事情を説明の上コピーの許可をもらいましょう。

【その他】
「賃貸借契約書」や「農業委員会の証明書」がある場合には状況によって添付が必要になります。

② 建物を相続した場合

・全部事項証明書(登記簿謄本)
・固定資産税評価証明書
・名寄帳

上記は「①土地を相続した場合」と同様です。

【その他】
「売買契約書」「賃貸借契約書」などがある場合には状況によって添付が必要になります。

(3)有価証券を相続した場合に必要な書類

基本的にはご自宅等に保管されている書類が多くなります。場合によっては証券会社等から取り寄せる必要があります。

① 上場株式等を相続した場合
上場株式を相続した場合に必要な書類
② 非上場株式等を相続した場合に必要な書類
非上場株式を相続した場合に必要な書類
③ その他、投資信託など金融商品を相続した場合に必要な書類
その他有価証券を相続した場合に必要な書類

(4)生命保険等保険金を相続した場合に必要な書類

生命保険を相続した場合に必要な書類

(5)その他

上記以外にも相続した財産に応じて必要になる書類がありますので、一覧にまとめておきます。

その他相続財産の種類により必要となる書類一覧

3.状況に応じて必要となる書類

相続する財産に応じて必要な書類の他に、相続税申告時に適用する様々な状況によって提出すべき書類があります。

こちらも一覧にまとめておきます。

状況に応じて必要となる書類一例

上記以外にも、特例の適用など状況によって添付書類が必要になります。

まとめ

今回は相続税申告時に必要な添付書類をご紹介しました。

相続税申告時に必ず添付する身分に関する書類以外にも、相続する財産に応じて必要な書類や状況によって必要な書類など、実にたくさんの添付書類が必要だということをご理解いただけたでしょうか?

このように相続税の申告は書類を集めるだけでも一苦労です。申告までの期限は10ヶ月しかありませんので、書類はなるべく早く集める必要がありますね。ご自身で取り組むことが難しい場合には、相続専門の税理士に相談してみましょう。

相続税申告の詳しい作成方法については以下の記事も参考にしてみて下さい▼
【相続税申告】は自分でできる?必要書類や申告方法を徹底チェック!

※この記事は専門家監修のもと慎重に執筆を行っておりますが、万が一記事内容に誤りがあり読者に損害が生じた場合でも当法人は一切責任を負いません。なお、ご指摘がある場合にはお手数おかけ致しますが、「お問合せフォーム→掲載記事に関するご指摘等」よりお問合せ下さい。但し、記事内容に関するご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい。

相続税申告は相続専門の実績あるチェスターで安心。

税理士法人チェスターは相続に関する業務のみに特化している専門事務所であり、創業からこれまで培ってきた知見やノウハウがずっと引き継がれているため、難解な案件や評価が難しい税務論点にもしっかり対応致します。

初回面談から申告完了まで担当スタッフがお客様専任として対応しているので、やり取りもスムーズ。申告書の質の高さを常に追求しているからこそ実現できる税務調査率が0.6%であることも強みの一つです。

相続税申告実績は年間2,300件超、税理士の数は69名とトップクラスの実績を誇るチェスターの相続税申告を実感してください。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

お問合せ

アイコン

0120-888-145

既存のお客様はこちら

受付時間
9:00-20:00

土日祝も
対応可

お電話

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼
アイコン

資料請求

ページトップへ戻る
【予約受付時間】
9時~20時 (土日祝も対応可)

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼