相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

受益者確定前の信託財産にかかる相続税

受益者確定前の信託財産にかかる相続税

信託財産とは、委託者が受託者に信託を設定する際、引き受けが許される財産のことです。

信託業法は信託会社経営を健全に保つため、受託財産を金銭、有価証券、金銭債権、動産、不動産、地上権、土地賃借権に制限しました。委託者の信託財産は上記のいずれかに分解され、同一口座で包括的に受託される事はありません。

一般的に、相続で信託財産を用いる場合は受益者が定められているものですが、例えば、将来生まれるであろう子孫などを受益者として設定し、受益者が確定していない状態になる場合もあります。

こういった受益者確定前の信託財産についての課税はどのような仕組みがとられているのでしょうか?

現在の税制では、原則として、信託の設定をする際に受託者に対して法人課税がなされます。

そしてその財産の運用の過程で発生した利益に対しても法人課税がなされることになっています。しかし、受益者がいる場合に課税される相続税と比べると、法人課税のほうが税率が低く、課税漏れが起こってしまいます。

ですので、受益者が出現して信託の効力が発生した際に、差額を相続税として課税する事にしています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

預貯金の手続きを終えたところで相続税申告書作成を依頼。 相次相続発生ということで、納税不要になり、分割協議書をつくっていただくのみとなりました。 故人の通帳をチェックしていただいたなかで相次相続に気づいて下さり、プロの仕事のすごさを感じました。 あり […]

相続の専門知識が豊富、かつ、バッチリ解説していただきました。

いろいろ不明確な疑問点についてメールにて伺いましたが、即、丁寧に御回答して頂き疑問点を解消した。 私の場合は、小規模特例適用が微妙なので税務署が認めてくれたら大満足です。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る