相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

受益者確定前の信託財産にかかる相続税

受益者確定前の信託財産にかかる相続税

信託財産とは、委託者が受託者に信託を設定する際、引き受けが許される財産のことです。

信託業法は信託会社経営を健全に保つため、受託財産を金銭、有価証券、金銭債権、動産、不動産、地上権、土地賃借権に制限しました。委託者の信託財産は上記のいずれかに分解され、同一口座で包括的に受託される事はありません。

一般的に、相続で信託財産を用いる場合は受益者が定められているものですが、例えば、将来生まれるであろう子孫などを受益者として設定し、受益者が確定していない状態になる場合もあります。

こういった受益者確定前の信託財産についての課税はどのような仕組みがとられているのでしょうか?

現在の税制では、原則として、信託の設定をする際に受託者に対して法人課税がなされます。

そしてその財産の運用の過程で発生した利益に対しても法人課税がなされることになっています。しかし、受益者がいる場合に課税される相続税と比べると、法人課税のほうが税率が低く、課税漏れが起こってしまいます。

ですので、受益者が出現して信託の効力が発生した際に、差額を相続税として課税する事にしています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

貴社職員との業務事項の合間に緊張している私どもを、雑談を交え場を和らげ、又、丁寧に質問に答えて下さいました。ありがとうございました。

お世話になりました。 いつも冷静な対応、説明も、わかりやすく親切にして下さりました。 ありがとうございました。

社内も清潔できれいで居心地が良かったです。内容の説明も解りやすかったです。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る