相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

生命保険信託にかかる相続税

生命保険信託にかかる相続税

生命保険信託とは、生命保険の契約者が信託銀行などに生命保険金の管理を委託し、契約者の希望通りに保険金を受け取らせたい人に渡すことのできるシステムです。

通常の場合、生命保険金の受取人に指定できるのは家族だけなのですが、この信託を利用することによって家族以外の人に生命保険金を受け取らせることができるようになります。

また、その保険金の用途を指定する事もできるため、信託会社は保険金がどの用途に使用されたかをチェックしてくれます。

契約者の希望を最大限にかなえることができる相続方法であると言えるでしょう。

この形をもって生命保険金を相続した場合、相続税の課税はどのようにされるのかというと、生命保険信託を使用した場合も通常の生命保険と同じように相続財産としてみなされるため、保険金を受け取った人には通常と同じように相続税の納税義務が発生します。

ですので、信託会社が契約者の希望通りに保険金を指定された相手に渡せば、その金銭は相続で譲渡された金銭と見なされて通常通り課税される事になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

細かい所まで親切・丁寧な対応で、安心しておまかせできました。ありがとうございました。また何かありましたらご相談させて頂こうと思います。

仕事帰りの時間でも対応いただき、國立様には感謝しております。 次の機会があればまたお願いしたいと思います。

・事務所に伺わずとも、郵便や電話で丁寧に連絡をいただけた。 ・依頼者の利益を優先して処理を進めて下さり、質問や相談に親切・丁寧にお答えいただけた。 大変お世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る