相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

譲渡担保と相続税

譲渡担保と相続税

譲渡担保とは、債権者が債権の担保として所有権などを含む財産権を債務者もしくは物上保証人から譲り受け、その担保の対象となっている債権の弁済を条件に財産権を所有者に返還するという仕組みの担保です。

民法において定められている一般的な担保とは少し異なり、財産権という形のないものを担保にするというシステムです。

では、この譲渡担保は相続税法においてどのように扱われるのかをここで紹介しましょう。

相続税法基本通達の中に、以下のような記述があります。

「いわゆる譲渡担保(金銭消費貸借の担保として当該担保物の所有権を移転したもの又は債務金額によって買戻しする特約のあるものをいう。)については、原則として、次により取り扱うものとする。(昭57直資2−177改正)
(1) 債権者については、債権金額に相当する金額を当該債権者の課税価格計算の基礎に算入し、当該譲渡担保の目的たる財産の価額に相当する金額は、これに算入しないこと。
(2) 債務者については、当該譲渡担保の目的たる財産の価額に相当する金額を当該債務者の課税価格計算の基礎に算入し、債務金額に相当する金額は控除すること。」

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

問い合わせに対して、返答が非常に早くわかりやすかった。二次相続も含めたPLANで今回申請できたので、対応に満足しております。

いろいろ不明確な疑問点についてメールにて伺いましたが、即、丁寧に御回答して頂き疑問点を解消した。 私の場合は、小規模特例適用が微妙なので税務署が認めてくれたら大満足です。

自分たちでは思いつけない一番良い方法を提案していただき、とても自分たちでは作成することができない、申告書を作っていただき手続きしてもらって助かりました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る