相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続放棄した場合の債務控除について

相続放棄した場合の債務控除について

被相続人が死亡した場合、相続人が相続することになる財産はプラスの物だけであるとは限りません。

借入金や未払い金等の、被相続人が持っていた債務も相続する義務があります。

また、一般的には被相続人の葬式費用なども、相続人が負担するというケースが多くあります。

そういった場合、相続税の計算上、実際に相続したプラスの財産の評価金額から、相続した債務や負担した葬式費用の金額を差し引いた金額が適用されることになります。これを債務控除と言います。

では、相続放棄をした場合の債務控除はどのようになるのでしょうか。

相続放棄をすれば、債務を相続することはありませんので債務控除もないのでは?と思いがちですが、相続放棄した人や相続権のない人が被相続人の葬儀費用を負担すると言ったケースも起こりえます。

そう言った場合、その負担額を遺贈によって取得した金額から差し引いてその課税額を計算する、というように債務控除をしても良いことになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

とてもていねいにご対応頂きありがとうございました。

時間が無い中、まとめていただき助かりました。

昨年は、義母に続いて実父の相続もしていただきました。 両方とも専門知識の豊富さに、脱帽いたしました。(特に義母に関しては素晴らしかったです) 私の相続のときもよろしくお願いします。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る