相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

債務の相続について

債務の相続について

相続によって取得するのはプラスの財産だけであるとは限りません。

相続人は、財産を取得する権利を有すると同時に、マイナスの遺産、つまり被相続人が残した債務を相続する義務も持っています。

ここでは、債務の相続についてお話します。

債務を相続することになった場合、その債務が分割することができるものであるかどうかによって相続の方法が多少異なります。

まず、相続する債務が可分債務、つまり分割することができるものであった場合、(金銭などの場合が多いです)法律で定められた分割割合に基づいて債務を引き継ぎます。

債務を相続する場合には、全ての債務を一括して1人の相続人に負担させることはできません。

ただし、相続人全員と、債権者の合意が得られた場合に限っては、特定の相続人が一括して負担することができます。

次に、相続する債務が不可分のものであった場合です。

不可分の債務というのは、例えば不動産引き渡しや明け渡しの義務などが挙げられますが、これは分割するのが不可能な債務となります。

この場合、各相続人がその債務をすべて履行しなければなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回面談の時、ここなら安心と思いました。 とても誠実な印象でした。 実際、丁寧な対応で滞りなく終える事が出来ました。 本当に感謝致しております。ありがとうございました。 今後も何かありましたら、ご相談させて頂きたいと思います。 よろしくお願い致します […]

今回、税理士さんをお願いするにあたり、私が1番大切だと思ったことは誠実に対応してくださり、 信用してお願いできるということでした。チェスターはまさに私の想いをくみとってくださる会社でした。 最初にお会いした時の真摯なあいさつ、相続ということに対して […]

(1)電話で初めてコンタクトをとった時、場所に迷った時、いずれも対応が丁寧で好感がもてた。 (2)初回面談時から最後まで信頼できる対応(御社、当方いずれの場合の対面、電話の場合の質問等)     夜間営業は大変よい、納付期限が切迫していたなか対応して […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る