相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

修正申告時における配偶者税額軽減について

配偶者の税額軽減とは

相続税には、「配偶者に対する相続税額の軽減措置」があります。

この措置は、被相続人の配偶者が被相続人の財産を相続しても、次の代に渡るわけではなく同一世代間の財産の移転になる場合が多く、近いうちにその配偶者自身の相続が生じた場合に、その財産は相続の対象となり、再び相続税が加算されるという問題が起きてしまいます。

また、配偶者については被相続人の財産の形成に寄与してきたと考えられことや、配偶者としての立場の配慮、今後の生活の保障するために相続税の負担を軽減するという目的などから措置が講じられています。

この「配偶者に対する相続税額の軽減措置」は、配偶者が相続した財産について、1億6千万円まで、若しくは法定相続分までは相続税が課税されない制度となっています。

修正申告を行う場合

この「配偶者に対する相続税額の軽減措置」を適用して申告した後、税務調査によって被相続人が所持していた財産が見つかるケースが稀にあります。

こういった場合には修正申告をすることになりますが、この相続財産について、相続人が隠ぺい又は仮装を行っていたと判断された場合には、増加した財産については「配偶者に対する相続税額の軽減措置」が適用されなくなってしまいます。

そのため調査の際には、新たに見つかった財産を相続人たちが知らなかったということを証明する必要があります。

隠ぺい又は仮装とは

上記の隠ぺい又は仮装とは、次のような事実がある場合をいいます。

・帳簿書類について改ざん、偽造、変造、虚偽の表示、破棄又は隠匿していること
・課税財産の隠匿、架空の債務、又は事実をねつ造して課税価額を圧縮していること
・虚偽の答弁により、課税財産の存在を知りながら課税財産を申告していないこと
・名義資産、架空名義などの状態を利用して課税財産を申告していないこと

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大変お世話になり、ありがとうございました。 とても丁寧に対応して頂き、業務も正確で安心してお任せできました。 相続税申告に付随して急遽確定申告まで依頼することになりましたが、迅速なご対応でお蔭さまで期限に間に合いました。 また何か申告等が必要になれば […]

初めての相続手続きで、書類の揃え方もわからないような状況でしたが、佐藤様の的確なアドバイスで何とか乗り切る事ができました。本当にありがとうございました。

最初お願いする際に、わざわざ遠い所を家まで来て頂き、詳しい説明を受けられた事で、安心しておまかせすることが出来て良かったです。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る