相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

保証金の返還を要しない部分と相続税

保証金の返還を要しない部分と相続税

不動産の賃貸借経営においては、様々な名目で収入が生じます。

具体的には、家賃・店賃、礼金、権利金、更新料、利子補給金などの名目で発生する収入です。

これらの収入は、最終的には経済的利益が経営者に帰属するものと賃借人に返還しなければならないものとに分けることができます。

家賃・店賃は当然経営者に帰属しますが、敷金など賃貸借契約継続中における賃借人の債務を担保(保証)するために差し入れられた金銭は、原則としては最終的に賃借人に変換することとなります。

そこで、不動産の賃貸借経営から生じる収入について変換を要しなくなった部分については、税務上、どのようにして収益に計上すればよいかが問題となります。

保証金の税務上計上すべき時期

この点については、返還しないこととなった事業年度において収益として計上します。

例えば、保証金について契約が終了し賃借人が退去した後に保証金や敷金等で返還しないこととなった場合にはその事業年度において収益として計上することとなります。

返還を要しない事となった時点で利益が確定したということができるためです。

賃貸借契約の特徴と保証金

ところで、賃貸借契約は長期にわたる継続的契約ですので、アパートなどの場合、契約期間中に所有者に相続が生じる可能性がありえます。

賃貸借契約中に賃貸物件の所有権について相続が生じた場合、保証金等を含め一切の権利義務は相続人に承継されることとなります。

この場合、保証金・敷金等は原則として賃借人に返還する金銭なので債務として計上されます。

つまり、保証金は原則として債務控除がされることとなります。

しかし、保証金について返還を要しないものについては、先に述べましたように返還しないことが確定した事業年度において、収益に計上することとなります。

つまり、保証金等は返還を要しないものとそうでないものとによって計上方法が異なることとなります。

このため、保証金等の預かり金については、どのような内容のもであるか(もともと返還を要しないものなのか、賃借人の債務不履行があった場合には変換を要しないものなのかなど)について判断するとともに相続税の際に控除することができるものかどうかや、収益としての計上すべき時期などケースによって取り扱いが異なってくることとなり、取り扱いが複雑ということができます。

そのため、保証金や敷金などを受け取っている場合には、その取り扱いについては相続時などには税理士へ相談されることがおすすめできます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

メールで対応頂いたので質問事項も整理でき、また記録を残すことが出来ました。初歩的な質問にも親切に対応頂き大変満足しております。次回もまた利用させて頂きます。

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

面談・打合せは当初だけで、以後電話と郵便物のやりとりで、 スムーズに進められ、面談・打合せの負担もなく、成果品をまとめて頂いた。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る