相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

分割見込書とは

分割見込書とは

相続税法においては、相続財産の分割が終了した後、速やかに相続税の申告を行うことを求めており、相続税申告には期限が設けられています。

相続が発生した日から10カ月以内という申告期限がありますが、万が一その期限に申告が間に合わないと言った場合はどのように対応すればよいのでしょうか?

様々な理由によって、相続税申告期限までに財産分割が上手くいかず、申告を行うことができないと言うケースも考えられます。

そう言った場合、そのまま放っておいては本来であれば受けられるはずの優遇措置などを受けることができなくなってしまいます。

そう言った事態を防ぐために、「分割見込書」を提出することを忘れないようにしましょう。

この分割見込書とは、「申告期限後3年以内の分割見込書」と言うもので、申告期限を過ぎてしまっても3年以内に分割が完了して申告をきちんとすることができれば、各種の優遇措置もちゃんと受けることができます。

もしも申告が間に合わないと言った場合、これを提出することを忘れないようにしたいものです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

仕事帰りの時間でも対応いただき、國立様には感謝しております。 次の機会があればまたお願いしたいと思います。

最後まで安心しておまかせすることができました。スムーズに処理が終りほっとしています。 ありがとうございました。 また機会がありましたら、お願いしたいと思います。

最終チェック前々日に耕作台帳のことで慌てさせてしまい大変お手数をおかけ致しました。 チェスターさん担当者の方々の丁寧な業務のおかげで評価資料やファイルを見て、今になって先祖代々の土地のことがしっかりわかり助かっています。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る