相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

未分割財産とは

未分割財産とは

相続を行う際、分割の行われていない財産の事を未分割財産と言いますが、相続税の申告期限までに未分割財産があった場合、その未分割財産については各種優遇措置を受けることができなくなってしまいます。

例えばどう言った措置が受けられなくなってしまうのか、簡単にご紹介しましょう。

まず、相続税法においては、相続税の配偶者優遇措置と言うものが定められており、被相続人の配偶者が相続する財産においては一定の控除が認められます。

しかし、申請の時点で未分割であった財産についてはこの控除を受けることができません。また、小規模宅地等の特例も同様に受けることができなくなってしまいます。

更に、相続税を金銭で一括納付することが困難である場合、金銭以外の財産をもって相続税を納付する物納という制度がありますが、未分割財産にかかる相続税については、相続人全員の共有財産とみなされるため、相続人全員が同様に物納を行うよう申請しなければならなくなってしまいます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

姉妹相続という案件に加え、複雑な親世代の土地問題もかかえていたので、困っていましたが、 丁寧な調査と説明をしていただき、助かりました。

中流サラリーマン家庭だった我が家にも相続税が発生しました。 何も知らない素人の私が、頂いた資料に従い頑張りました(少しでも安くあげる為) 担当者一人の方が休みの時も、もう一人の方にきっちり対応して頂きました。 大変満足しています。ありがとうございまし […]

全てが初めての事だったので、比較対象が無いので、はっきりとは言えませんが、 わかりやすく説明されて、納得したので満足しています。有り難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る