相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

未成年者控除とは

未成年者控除とは

相続税法において、未成年者が相続人となって被相続人から財産を相続する場合、相続税が一部控除されることが定められています。

未成年者とは、日本の法律の定義で言うと20歳未満の者とされています。そしてさらに、この未成年の相続人は法定相続人であり、相続の時点で日本国内に居住している必要があります。

これらの条件を満たしていれば、相続税の未成年者控除を受けることができます。

例えば、相続時に当該相続人が14歳6カ月であったとしましょう。その場合、当該相続人はいくらの税額控除を受けることができるのでしょうか。

まず、相続税の未成年控除は、6万円×(20−当時の年齢)と定められています。上記のケースであれば、6か月と言う端数は切り上げられ、6万円×(20−15)=30万円という数字を算出することができます。

当該相続人の未成年者控除額は30万円と言うわけです。更に、当該相続人の相続税が30万円未満であれば、残りの金額はその扶養義務者が支払うべき相続税から減額されることになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続でしたが、非常に順調に終了できました。ありがとうございました。

倉田様は、親身になって丁寧に対応してくださいました。 相続に関する内容を細かく何度もご相談いたしましたが、すぐに回答してくださり、いろいろ教えていただきました。 信頼できるお人柄で、次回の相続の時にもぜひ倉田様にお願いしたいと思っております。

・相続税の対象となる資産が、後から追加で見つかったが、迅速かつ適切な対応をして頂いた。 ・打ち合わせは、平日でなく土曜日に対応して頂けた。 ・2次相続を念頭に、現実的なアドバイスをして頂けた。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る