相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特別代理人の選任申立手続き

特別代理人の選任申立手続き

特別代理人の選任申立手続きは相続人の中に未成年者がいる時に行う必要があります。

基本的に未成年者は直接、遺産分割協議に参加することが出来ないと法律によって定められていますので、未成年者の親権者や、未成年後見人が必要になります。

親権者も共同相続人の場合、たとえば、父が亡くなった時に母と未成年者の子供が相続人になるとしたときに子供と母親の利益は相反している状態ですので母は子供の特別代理人になることは出来ません。

この時に信頼できる、また他の親族で権利を代理できる人を探す必要があります。

複数の未成年者がいて親権者がかぶるときなども含めて考慮していく必要があります。

またこの時に母は、家庭裁判所に未成年者の特別代理人の選任を行う必要があります。

また、一人の子に対しては代理人になることが可能ですが他の子供に対しては特別代理人の選任を請求する必要があります。

申立人である親権者と利害関係者が申立て先の家庭裁判所に申請します

特別代理人を申立てする際には申立人である親権者と利害関係者が申立て先の家庭裁判所に申請します。

この時に必要な費用は800円になります。

子供一人についての切手代になります。

また必要な書類は
・申立書
・未成年者の特別代理人の戸籍謄本
・特別代理人候補者の住民票又は戸籍謄本
・遺産分割協議書案

未成年者の子供の他に相続人の中に精神的な障碍者がいる場合にも、相続人にならない代表者を代理人にする必要があります。
このときにも他の相続人は代理人になることはできないため注意が必要です。

特別代理人の選任を家庭裁判所の申し立てを行うこともできます。

相続遺産には、不動産や預貯金の他、借金などの負債も含まれます。

土地、家、有価証券、銀行の貯蓄、相続では、遺言書が優先されますが、それにも一定の制限が設けられておりますので、慎重に確認しましょう。

特別代理人が家庭裁判所に認められたときには遺産を代理にて受け取ることが可能

財産の相続には相続権がある方のみが相続を行うことが可能になり、相続権がない場合には相続を受けることが不可能ですが、特別代理人が家庭裁判所に認められたときには遺産を代理にて受け取ることが可能になります。

また遺書などを持っているときには遺産の相続方法は遺書によって左右されます。

遺書があるかどうかの有無を確認してください。

遺書が見つからないときには故人が信用できる人物に託している可能性があります。

また故人の大切な書類やファイルの中を確認して見つけ出すことも相続の前に行いましょう。

法的に相続が可能な権利の代理人が特別代理人です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

長津先生、佐藤先生にはとても親身にご対応いただき感謝しております。 また何かありましたら先生のお力をお借りできればと思っております。

わからないとこばかりで、心配や不安の日々でしたが、遠方からの依頼も引き受けて頂き、ありがとうございました。本当に助かりました。

担当の石田様には大変お世話になりました。料金も良心的な価格でした。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る