相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

不整形地補正率表とは

不整形地とは

土地の形が正方形や長方形などの整形地ではなく、三角地やL字型などである土地のことを不整形地とよびます。

一般的に不整形地は、その形状などから整形地に比べ土地の利用価値が低くなると考えられます。

そのため、財産評価においても、不整形地の評価額は整形地の評価額よりも低くなるように減額補正が加えられます。

不整形地の評価

路線価方式の場合、不整形地の評価は、その土地が整形地であるものとして評価した価額から、その不整形の程度に応じた不整形地補正率により補正した価額で評価します。

この不整形地補正率を求めるために「不整形地補正率表」を使用します。

不整形地補正率表の見方

「不整形地補正率表」は国税庁のホームページで確認することができます。

この表を使用するには、まず、評価対象地の地区区分、地積区分、かげ地割合を求める必要があります。

その後、上記の求めた値を「不整形地補正率表」に当てはめることで不整形地補正率が求められます。

■地区区分
路線価方式により評価する地域については、「ビル街地区」「高度商業地区」「繁華街地区」「普通商業・併用住宅地区」「普通住宅地区」「中小工場地区」「大工場地区」の7つの区分に分けられています。

評価対象地がどの地区区分に該当するかは、国税局のホームページにある路線価図から知ることができます。

■地積区分
地積区分には「A」「B」「C」の3つの区分があります。

評価対象地の地区区分(上記?)と評価対象地の地積を「不整形地補正率を算定する際の地積区分表」に当てはめ、「A」「B」「C」いずれの地積区分に該当するかを判定します。

■かげ地割合
かげ地割合とは、想定整形地に対するかげ地部分の面積割合のことをいい、以下の算式により求めます。

かげ地割合=(想定整形地の地積−評価対象地の地積)÷想定整形地の地積

想定整形地とは、評価対象地の画地全体を囲む、正面路線に面する正方形または長方形の土地をいいます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続の事何もわからず不安でしたが、こちらの質問にもわかりやすく答えてくださり、プラスになるアドバイスもして頂き、感謝しております。ありがとうございました。

相続があまりに大変ということで依頼しました。スムーズに事が運び、兄妹とも喜んでいます。また勤務している新橋にも近く、夜まで受付けているので時間ムダに使わないですみました。

この度は、相続税申告、日程の少ない中、無事終了することができました。本当にありがとうございました。 若いみなさんが、はつらつとそして誠実にお仕事をなさっている姿を拝見し、嬉しく思いました。又、■の土地についてもお手数をおかけ致しました。今回は契約には […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る