相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

土地の評価単位と相続税評価

土地の評価単位と相続税評価

相続税評価を行う際、土地の評価単位はどのようになっているのでしょうか。

相続税の申告の際に、相続した土地の財産評価を行うには、まず土地を利用単位ごとに区別する必要があります。

例えば、土地の一部を区画して借地として使用している場合ですが、この場合は借地人ごとに評価を行うと言う風に定められています。

一つのつながった土地でも、それを複数に分けて借地としている場合、その貸出先ひとつが一つの土地単位となります。

その土地の上に賃貸アパートなどを建てて使用している場合は、建物一棟ごとに土地を区分します。

貸出先一つが一つの土地単位と先述していますが、賃貸アパートなどに使用している場合はこの限りではありません。

更に、一画地の宅地を2人以上で分割し、所有することになった場合、原則としては分割後の区分をもってひとつの土地とします。

ですので、他の人と共有している土地の場合は、自分の持ち分の割合が評価の対象となるということです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明がとてもわかりやすかったです。  

長津先生、佐藤先生にはとても親身にご対応いただき感謝しております。 また何かありましたら先生のお力をお借りできればと思っております。

相続税の手続に関して滞り無く進めて頂いただけではなく、不動産の売却についても対応して頂いた。 結果的に不動産について依頼はしなかったが、他のルートの方が高く売れそうだった時に、無理に介入せず条件がいい方を勧めてくれた。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る