相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

がけ地と相続税評価

がけ地と相続税評価

相続税法において、土地の一部ががけ地である土地の相続税評価額の算出の仕方は以下のように定められています。

まず、がけ地の相続税評価には、「がけ地補正率表」というものが必要となります。

がけ地は一般的な土地より利用価値が低いため、財産としての評価額も低くなります。

がけ地補正率によって、がけ地の相続税評価額を軽減することができます。

路線価によって算出されたその土地の評価額に、がけ地補正率表の中から適当な補正率を見つけ出し、それをかけるとがけ地の最終的な評価額が算出されます。

具体的には、がけがどの方角にあるのか、総面積に対するがけ地の割合が補正率を決定します。

ここで注意点があるのですが、平坦な宅地部分とがけ地(山林、雑種地など)を分けて評価する場合にはこの補正率を使用することができません。

これは、あくまでも平坦な部分とがけ地を合わせて評価を行う場合に使えるものですので、上記の場合には使用することができません。

また、宅地造成費との併用はできません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

メールでのやりとりが中心でしたが、担当者の方のレスポンスが早く、 質問や要望にも丁寧に対応していただけた印象です。 提出資料などについてはデータで送っていただくこともできたので、作業しやすくて助かりました。 少し時間はかかりましたが細かくチェックして […]

申告期限3ヶ月前からお願いをしましたが、特に被相続人の過去5年間の預貯金等のお金の流れ等の精査について、手間がかかる書類作成や確認作業、税務の処理方法等、適切にご支援いただき助かりました。申告期限に間に合って感謝しております。 貴社ご担当の山本様も誠 […]

迅速、正確、ご丁寧な対応で作業を進めていただきまして誠にありがとうございました。 最初から最後まで一貫してクライアントを大事にして仕事をされていることが伝わってきて有難かったです。 何か困った時はまた是非相談させて下さい。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る