相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

特別代理人の相続

特別代理人の相続

相続者の中に未成年がいて、親がその代理人になって財産分割協議を行うことができない場合は、家庭裁判所に代理人を立てることを申請します。

この代理人の事を、特別代理人と言います。

では、特別代理人はどのようにして決定されるのかと言うことですが、まずは、申請する側で候補者を選び、その旨を家庭裁判所に申請します。

すると、その代理人を家庭裁判所が認めて特別代理人とするわけです。

一般的には、その未成年者の祖父、祖母やおじ、おばなどが選ばれることが多いようです。

その未成年者に対して、きちんと当該相続人の利益を考えて財産分割協議を行うことのできる人物を選任する必要があります。

特別代理人の制度は、子供の権利を守るために設けられた物です。

親が子供のために協議することも可能ではありますが、親も相続人である場合、親が自身の利益を優先すれば子供にとっては不利益が生じるということから、特別代理人の選任が必要となってくるというわけです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

山本さんは無料相談の時点から一貫してしっかりと私の話を聞いてくれました。そして毎回何が問題かを整理して頂きました。私は、その都度絡まった糸が解けるが如く相続の重圧が少しづつ軽くなっていく様に感じました。また、税に対して無知な私の質問にも私に理解出来る […]

常に迅速かつ繊密なコミュニケーションがとれた点、感謝しています。 大変質の高いサービスを受けられたと満足しています。 お世話になりありがとうございました。

たいへん丁寧にご説明いただきました。 また、制度を上手く活かして、納税額を抑えていただきました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る