相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

国民年金と相続税

国民年金と相続税

国民年金に加入している人が死亡した場合、その遺族に現金が支給されることが定められており、それを遺族年金や死亡一時金と呼びますが、それらを受け取ることによって相続税が課税されることはあるのでしょうか?

回答としては、国民年金などを受給していた人が死亡した場合に遺族が受け取る遺族年金や死亡一時金には相続税が課税されることはありません。

また、死亡したときに支給されていなかった年金があり、それを遺族が請求して受給するというケースも考えられますが、この場合には、相続ではなく、遺族の一時所得とみなされ、相続税の対象ではありません。

一般的には、国民年金等の公的年金によって支給される遺族年金などには相続税が課税されないことになっています。

同様に、所得税も課税されません。これは原則としての話ですので、各自のケースによっては税金が課税されることもありえます。不安な場合には、当該機関に相談してみるのが一番確実であると言えます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

手続きについて分からない事がたくさんありましたが、 丁寧に対応して下さって、安心する事ができました。 また、お願いしてから申告期限までの時間が短かったと思うのですが、 きちんと間に合わせて下さって妹も私も本当に感謝しております。

色々とご面倒ありがとうございました。 また何かの機会にお願いするかもしれません…その際にはよろしくお願い申し上げます。

母が亡くなり、父、弟、私での相続でした。 2ヶ所の不動産と現金をどう相続するか、認知症の父の相続分、 兄弟での不動産の共有、2次相続を考慮した相続の仕方、など、 数々の難題に対して、真摯に対応して頂きました。 職場が近くにあり、面会で直にご相談できた […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る