相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

同時死亡の場合の生命保険受取人

同時死亡の場合の生命保険受取人

生命保険に加入していた被保険者が亡くなったら、通常では受取人が保険金を受け取ります。

しかし、このときの生命保険受取人が、被保険者と同時死亡した場合はどうなるのでしょうか?保険金は誰が受け取れるのでしょうか?被保険者と受取人の同時死亡の場合の受取人について、例を挙げて説明します。

Aさんは、結婚する前から保険に加入しており、受取人を親にしていましたが、結婚したため、受取人を妻であるBさんに変更しました。

数年後、AさんとBさんは不慮の事故に遭い、同時に亡くなってしまいました。

二人には子どもがいませんでしたので、保険金は、Bさんの親が受け取ることになりました。

では、Bさんの親は受取人にはなっていないのに、なぜ受け取ることができたのでしょうか。

理由は法定相続人であるからです。

ですから、Bさんに親がいない場合は兄弟または姉妹が受け取ることになります。

受取人の相続人に権利があるので、Aさんの親は保険金を受け取れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)電話連絡等を適時、実施していただき、安心感がありました。 (2)1番に苦慮していた不動産の処分について、迅速に対応されて、   現在も2月の完全締結に向けて鋭意、取組んでいただいている。 (3)4か月弱で納税に至り、ほっとしています。御法人の組 […]

1.2回の対応で全て完了した点。 2.常に西井さん、徳永さんのお二人で対応してくれた。 3.時間的作業が正確であった。 4.報酬料についても事前に明確に説明してくれました。 ※大変御世話になりありがとうございました。

解らない事だらけで、不安でしたが、おかげ様でスムーズに終了致しました。 ほっとしました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る