相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

同時死亡の場合の生命保険受取人

同時死亡の場合の生命保険受取人

生命保険に加入していた被保険者が亡くなったら、通常では受取人が保険金を受け取ります。

しかし、このときの生命保険受取人が、被保険者と同時死亡した場合はどうなるのでしょうか?保険金は誰が受け取れるのでしょうか?被保険者と受取人の同時死亡の場合の受取人について、例を挙げて説明します。

Aさんは、結婚する前から保険に加入しており、受取人を親にしていましたが、結婚したため、受取人を妻であるBさんに変更しました。

数年後、AさんとBさんは不慮の事故に遭い、同時に亡くなってしまいました。

二人には子どもがいませんでしたので、保険金は、Bさんの親が受け取ることになりました。

では、Bさんの親は受取人にはなっていないのに、なぜ受け取ることができたのでしょうか。

理由は法定相続人であるからです。

ですから、Bさんに親がいない場合は兄弟または姉妹が受け取ることになります。

受取人の相続人に権利があるので、Aさんの親は保険金を受け取れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

適切なご案内をいただき、期限内に申告書提出が出来て感謝いたします。

死亡・葬儀とあわただしく過ぎ、頭の中もまっ白状態でいろいろ考えられない中の依頼でした。 電話での丁寧な説明や、疑問にも答えていただき、ありがとうございました。 不安なく過ごせました。お世話になりました。

親切に対応して頂きました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る