相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

不法占拠と相続税評価

不法占拠と相続税評価

親が亡くなって、一緒に住んでいた子どもがその家を相続したら、何をすればよいのでしょう。

まずは相続した不動産に対して、速やかに登記をしたほうがよいでしょう。

この登記については特に提出期限などが設けられているわけではないのですが、登記は所有者を明らかにするものですから、これを行わなければ不動産が相続人のものとは認められません。

相続人の持ち物でなければ、売却することも、担保にすることすらできません。

さらには登記をせずに長期間放置したことで、相続権をもつ人が多数になり、相続についての分割協議が面倒になったり、登記書類も増えてしまうということが考えられます。

また、知らないうちに第三者が不法占拠する可能性もありえます。

このように長期間放置するのであれば、不法占拠などを避けるために、土地の上にある建物については取り壊し、更地にしておくという選択肢もあります。

なお、更地にした場合には、小規模住宅の特例を受けることがありませんので、相続税評価は高くなります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

導筋を立ててスケジュールに沿って行動することができたのは、事前説明をしっかりしていただいたこと、 スピード感のある対応、丁寧な対応があったからだと感じています。

自分ではこの位で良いと思った以上に、つっこんで確認し、手続きを進めていただいた。

相続は初めてなので不安でいっぱいでしたが丁寧に説明して頂き安心しておまかせすることができました。 ささいな質問にも電話ですぐに対応して頂き大変頼もしくその都度安心できました。 チェスターにお願いして本当に良かったと思っています。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る