相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

利用価値が著しく低下とは

利用価値が著しく低下とは

一般に宅地の相続税評価額はその土地の路線価を元に評価されます。

しかし土地、不動産においてはその個別性が強く、すべての土地が同じ路線価によって同じように評価されるべきものではありません。

例えば、近隣住宅と比較してその利用価値が著しく低下している宅地については特に評価の見直しが必要です。

「利用価値が著しく低下している土地」とは、道路より高い位置にある宅地又は低い位置にある宅地で、その付近にある宅地に比べて著しく高低差のあるもの、地盤に甚だしい凸凹がある、線路に隣接しているなどして震動が甚だしい、上記以外でも騒音・日照阻害・臭気等により、その取引金額に影響を受けると認められる宅地のことを指します。

利用価値が著しく低下していると認められた土地はその面積によって10%の減税が認められます。

土地の評価は税理士の経験、力量によっても大きく左右されますので、より専門性の高い税理士に評価の見直しをしてもらうのがよいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何度か仕事を依頼しているので心配は全くありませんでした。 田代先生の見事な仕事ぶり、橋本先生のフォローと見事でした。 自分がチェスターで直接経験する事でよりクライアントにおすすめ出来ると思いました。

質問にすぐに、解答していただき、助かりました。 説明もわかりやすく、資料など集めやすかったです。ありがとうございました。

丁寧で的確な仕事に大変満足しています。書き込みや付箋なども、何もわからないこちらにとっては本当にありがたかったです。機会がありましたらまたお願いしたいです。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る