相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

砂利採取中の土地の評価

砂利採取中の土地の評価

被相続人が農業を死亡した日まで営んでおり、相続によってその農地等を取得し、相続税納税期限までに農業を開始し、その後も引き続き農業を営んでいくと認められた人のことを農業相続人といいます。

農業相続人は、その農地の農業投資価格で評価した価額を超える部分に対応する相続税額の納税を猶予されるという特例を受けることが出来ます。

これは「相続した農地で継続的に」農業を営むのかどうかが重要になります。

この特例についてですが、仮に被相続人が相続開始以前にその農地を一時的に砂利採取のために貸し出す契約を結んでいる場合、農業相続人はこの分の土地を特例を受けられる農地として申請できるのでしょうか。

砂利採取中の土地の評価についてですが、国税庁によりますとこの土地はやむを得ず一時的に休耕している農地とされ、特例を受けることが出来る土地として取り扱われます。

しかしこの休耕が一時的であること、期間が1年未満の短期であること、契約が終了次第また農耕されることなどが条件になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ありがとうございました。 スケジュール感を早めにしていただければ、ありがたかったです。 今後、税務調査が入るようなことがあれば、よろしくお願いいたします。

たいへん丁寧にご説明いただきました。 また、制度を上手く活かして、納税額を抑えていただきました。ありがとうございました。

申し込みが相続税納付期限の3か月前という短い期間に手際よく作業していただき、間に合わせることができました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る