相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

親の借地に子が家を建てた場合

親の借地に子が家を建てた場合

親の借地に子が家を建てた場合

親の土地に子供が家を建て、親が無償でその土地を貸している場合、これは土地の使用貸借とよばれ、通常贈与税はかかりません。

では親の借地に子が家を建てた場合はどうでしょうか。

借地には地主がいるわけですが、借地人から土地を又借りし、その土地に建物を建てる際は、一般的には又借りをする人が借地人に対し借地権の対価分の支払いをしなければなりません。

親の借地に子が家を建て、親が借地権分の対価を要求せず、無償で貸し出された場合、子供は借地権の対価分の利益を得ていることになります。

しかし借地の貸借が無償で行われ、利用したのち返却される契約であればこれは借地権の使用貸借となり、したがって贈与税は発生しません。

借地権の使用貸借には申請が必要で、親と子の他に地主も加えた3名の連名で「借地権の使用貸借に関する確認書」を税務署に提出しなければなりません。

これを提出しない限り贈与税は免除されませんので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続人同士の疎通ができない状況の、やりにくい案件でありましたのに、上手くとりもっていただき、無事申告を済ませていただいてとても感謝いたしております。

メール返信が驚くほど速いです。

全く解らない事ばかりで、一つ一つ親切にお答え頂き助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る