相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺言書と相続税申告

遺言書と相続税申告

遺言書と相続税申告

自分が死んだ後の相続に関して、遺言書を残すことで自分の意思を次世代についでもらうことができます。

遺言書で残せることは、相続分とは違う遺産の分配比率、分配方法、相続人以外への遺贈、相続人の廃除、遺言執行人の指定などです。

被相続人が亡くなった場合、まず遺言書の有無を確認し、遺言書がある場合は家庭裁判所に遺言書を提出し、検認を受けなければなりません。

勝手にあけてしまうと相続人であれ罰せられますので、見つけたからといって勝手に開封してはいけません。

分割協議の必要はなく、遺言どおりに財産は分配され、それぞれが相続税申告をすることになります。

遺言がある場合の相続税申告期限もない場合と同じく相続開始日から10ヶ月以内となります。

相続人全員の同意があれば、遺言書があっても遺産分割協議を開き、遺言とは異なる分割比率や分割方法を決定することが出来ます。

この場合は遺産分割協議で決定した内容で財産は分配され、それぞれが相続税申告、納税を行ないます。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何も分からない私共にいつも親身になって相談にのっていただき、感謝しております。 不動産関係の方たちも含め、皆さんにやさしく対応していただき安心しておまかせすることができました。 今後も色々とご指導をよろしくお願い致します。

お世話になりました。スピーディーな対応で大変満足しました。 ありがとうございました。

提出する書類の多さに、個人では出来ないと、ストレスも感じると思いました。 いろいろありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る