相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続範囲の確認方法

相続範囲の確認方法

相続に関しては、民法896条相続の一般的効力として次のように定められています。

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を継承する。

但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りではない。

この定められた内容から、被相続人の一身に専属した物件は相続範囲ではないということです。

では、何が相続範囲とされるもので、何が相続範囲とはされないものなのでしょうか。

まず、相続範囲でないもの、いわゆる被相続人の一身に専属したものから取り挙げましょう。

一身に専属するとは、被相続人だけが行使できる権利や義務を意味します。

その例として、被相続人の身分の存在が前提となって発生し得る扶養請求権や、生活保護受給件がそれに当たります。

他には、被相続人個人の信頼性により成立している身元保証債務など、また雇用契約も同じく相続されないものです。

会員権などは会則に会員の死亡時にその資格を失う旨が明記されていることが多いため、これからも相続財産の範囲には当てはまらないということになります。

これとは逆に、相続財産の範囲となる物件としては代表的な土地や建物などの不動産所有権、預貯金や有価証券、マイナスの財産である借金などの債務です。

生命保険金などは契約者と被保険者を被相続人がにない、受取人が指定されている場合は保険契約から発生する受取人固有の権利となるため、相続財産の範囲には含まれないことになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

疎遠だった親戚と仲良くなり、電話で雑談するようになりました。 何よりの遺産であり終活です。ありがとうございます。

質問した内容についてきちんと調べて回答頂き大変親切に対応頂けました。他にも税理士事務所を何件かまわったのですが、伊原様の人柄と対応の速さでチェスターにお願いすることに決めました。(相談の電話をさせて頂き、すぐに訪問日程を、決めてもらえたのがよかったで […]

沢山の説明をしていただきましたが、準備ガイドにそってとても分かり易く説明をしていただいたのと、こちらへの質問もリストにまとめていただいたりしたので困る事もなく進めていく事が出来ました。 無事手続きも終了し、チェスターさんにお願いして良かったと思ってい […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る