相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

土地の相続資産評価

土地の相続資産評価

相続財産の中に土地が含まれている場合、土地の評価額はどのように算出されるのでしょうか。

相続税の土地は路線価に基づいて評価されることになっています。

路線価とは相続税を算出するために付された土地の値段ですので売買取引時価とはことなり、一般に実勢価格の70〜80%とされています。

この路線価は国税庁のホームページなどで確認することができます。

また、路線価のない土地については倍率方式が採用させており、固定資産税評価額に国税庁が定めた評価倍率をかけて算出されます。

しかし土地と一口に言っても、更地、住宅地、マンション用地、工場地、農地、山林などその用途もさまざまで、その用途によって評価額を算出する基準が変わってきます。

土地は相続財産の中でも高額で、その扱いによっては多額の相続税が課税されてしまいます。

土地の評価は複雑ですので税理士に相談するのが一番ですが、その税理士の力量や経験、専門分野によっても土地の評価額が変わってきますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

自宅まで何度も足を運んで頂き、とても丁寧に対応して頂きました。 ありがとうございました。

1.誠意ある業務の遂行 2.信頼感 3.個人的には聡明な方

安心感の一言に尽きます。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る