相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡共済金にかかる相続税について

死亡共済金にかかる相続税について

故人が生前に各種共済に加入されていた場合には、死亡共済金が支払われることがあります。死亡共済金は、課税対象となります。

ただ、課税の方法がやや複雑となり、契約のタイプによって相続税か所得税、あるいは贈与税のいずれかが課税されることとなります。

死亡共済金のそれぞれの課税タイプ

まず、契約者と被共済者(亡くなられた方)が同一の場合で共済金受取人が異なる場合、相続税が課税されることとなります。

例えば、夫が加入し、被共済者が夫である場合に受取人が妻であるというようなケースです。
この場合、相続税がかかる可能性はありますが、相続税の基礎控除額は大きいので結局として課税がされない可能性が高いと言えます。

次に、契約者と共済金受取人が同一である場合には、所得税・住民税が課税されることとなります。
例としては夫が資金を出して妻が掛けていた共済金について、妻が亡くなったため夫が受け取るようなケースです。

この場合には確定申告により所得税が発生する可能性があります。

さらに、契約者と被共済者及び共済金受取人がそれぞれ異なるケースが考えられます。この場合には贈与税がかかります。
例としては、妻が契約者となり、被共済者が夫であり、共済金受取人を子としていたようなケースです。この場合には贈与税が発生します。贈与税の基礎控除額は110万円となります。

このように死亡共済金受取人に対する課税は、契約がどのような形態であるかによって異なることとなります。

この三者の税負担の重さを比較しますと、贈与税の税負担所得税より重いということになります。

相続税の場合には、基礎控除額が贈与税よりも圧倒的に高額ですから、死亡共済金が控除額以内でしたら、税金がゼロになります。

このように税負担の程度は、どのようなタイプの共済に加入されていたかによって大きく異なることとなります。

そのため、共済契約の形を見直すということもひとつの相続税対策としては有効です。

例えば相続税が発生する可能性が少ない場合には、契約者・被保険者ともに同じとする契約にすることが考えられます。

このように将来の相続に備えて共済契約を見直すことも重要です。

共済金を有効に活用するために

ただ、共済は実質的には保険と同じように万が一の時のために、ご自身やその周りの方が困らないようにするということが最大の目的です。

そのため、相続税対策のみを考えて契約を見直すということは得策ではないので、親しい保険代理店やファイナンシャルプランナーなどに相談の上、共済契約の形態を考えるということがもっともおすすめできます。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

2013年■月に催された上述の相談会では、相談内容を事前に提出することになっていましたが、 A4用紙3枚に列挙した質問事項について、相談時間の制約にもかかわらず、 極めて明快に御教示いただけたことで、相続手続きは御社に依頼したいと考えました。 相続の […]

ネットで調べて実績豊富なチェスターさんに依頼したのですが、本当に大正解でした。 担当の山田さんもとても感じのよい方で、 こちらが不安に思っていることは分かりやすく説明してくださり安心できました。 この度は大変お世話になりありがとうございました。

(1)電話での対応、事務所を訪問した時の対応など、とても感じが良かったです。 (2)送っていただいた相続に関するファイル一式は仕事の確かさを物語るものでした。ありがとうございました。 (3)チェスターを選んだ理由を書かせていただきます。 決め手は相続 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る