相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

示談金の相続について

示談金の相続について

被害者が亡くなったことに対して支払われる損害賠償金は、相続税の対象ではなく、遺族の所得になり所得税の対象となります。

しかし、所得税法上において、不測な損害の不足・欠損部分を補って埋めることによる損害賠償金は非課税となり、所得税がかからないことになっています。
ようするに、相続税も所得税も、一切かからないということです。

損害賠償金には、「慰謝料」や「逸失利益の補償金」(交通事故にあった被害者が生きていれば、得られていたはずの所得の補償金のことです。)などがあります。

また、死亡事故の場合には「父母・配偶者・子」は相続による損害賠償請求の他に、遺族固有の慰謝料というものも請求することが可能となります。

なお、被相続人が損害賠償金を受け取ることに生存中決まっていたが、その損害賠償金を受け取らないうちに死亡してしまったという場合は、その損害賠償金を受け取る権利は相続財産となります。

よってこの場合は、相続税の対象となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回もお世話になりました。 連絡、TELでのやりとり、伺った際の説明、申告までスムーズで安心してお任せできました。 ありがとうございました!

いろいろな質問にも丁寧にお答え頂き、業務に対してだけではなく不安感もとり除いて頂けました。ありがとうございました。

相続に際し、全く知識の無い者にも、親切丁寧な対応をして下さった。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る