相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

金融支援措置とは

金融支援措置とは

金融支援措置とは、代表者の死亡や退任後、事業承継のために必要な資産の買取資金や相続税の納税資金が必要になった場合に経済産業大臣の認定を受けることにより特例を受けることができる制度です。

なお、特例の内容ですが、まず中小企業信用保険法の特例は、医療法人を除く法人・個人の認定中小企業者に対し通常保証枠のほかに最高2.95億円の別枠を用意しています。

なお、融資の対象資金は 株式や事業用資産の買取資金 、運転資金(以下の事情による場合)となります。

(1)代表者の死亡又は退任後、3ヶ月間の売り上げが前年同期比で80%以下になった場合
(2)仕入先のうち20%のシェアを占める仕入先から不利益となる取引条件の設定又は変更があった場合
(3)借入総額のうち借入比率20パーセント以上の借り入れをしている金融機関から借入の条件の悪化、借入金額の減少等の支障が生じた場合

次に 株式会社日本政策金融公庫法及び沖縄開発金融公庫法の特例ですが、医療法人を除く法人の認定中小企業者の代表者個人に対して融資を行います。

なお、現行制度では法人の代表者個人としては融資を受けられませんでしたが、個人事業主は本特例がなくても融資を受けられます。

融資の対象資金は、株式や事業用資産の買取資金や 事業用資産を相続・受贈した場合の相続税・贈与税相当の納税資金、事業用資産を相続するにあたり必要とされた代償分割資金や遺留分弁償資金、法人の事業資産が担保になっている債務を相続した場合の弁済資金といったものが対象となります。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

連絡などを密にいただいた。

不動産の評価について、とても良くわかる説明があり、大変よかったです。 こちらで用意すべき書類等、指示も的確で、不安を感じることが無かったです。

説明もわかりやすく、丁寧に対応いただきました。とてもたすかりました。 電話対応も親切に対応いただきました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る