相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

元物と果実の相続税評価

元物と果実の相続税評価

元物と果実の相続税評価
法律の用語で、「果実」と言うと一般の理解の果実とは違ってきます。

それは、物の使用の対価として受けるべき金銭その他の物という意味です。

そのため、この場合の、果実は受取利息や不動産賃貸料、小作料などの収益のことを法定果実といいます。それに対し、収益の元になる建物のことを元物と言います。

この賃貸建物が相続財産であった場合で、相続人が複数いる場合には、遺言がない限り遺産を分けるには分割協議をします。

いったん分割協議が成立すると、民法上遺産の分割の効力は相続開始の時にさかのぼるので建物の所有権は相続時点に遡及しての取得になります。

法定果実については法律上、果実収取の権利者の権利期間に応じた日割計算をして帰属額を決める、とされています。そのため、相続税の計算が変わってきます。

たとえば、9月1日に亡くなった場合で、年末までに遺産分割が決まらない場合、所得税の申告は、その相続開始年の1月1日から8月31日までの賃貸所得分は被相続人の所得となります。

また9月1日から年末までの所得は、相続持分に応じた各相続人に属します。

また翌年の5月1日に分割協議が整った場合、各相続人はそれぞれ遡り相続開始日の9月1日に遡及してその分割取得財産を自分のものとできます。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る