相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

余剰容積率の移転を受けているを宅地の相続税評価

余剰容積率の移転を受けている宅地の相続税評価

余剰容積率の移転を受けている宅地の相続税評価についてですが、余剰容積率を移転している宅地の価額は、原則として、

市街地的形態を形成する地域にある宅地における路線価方式、これら以外の宅地における倍率方式および倍率方式による評価

(倍率方式により評価する宅地の価額は、その宅地の固定資産税評価額に地価事情の類似する地域ごとに、その地域にある宅地の売買実例価額、公示価格、不動産鑑定士等による鑑定評価額、精通者意見価格等を基として国税局長の定める倍率を乗じて計算した金額によって評価します。)の定めにより評価したその宅地の価格を基に、設定されている権利の内容、建築物の建築制限の内容等を勘考して評価します。

なお、評価の際に用いる算式については以下の算式になります。

区分地上権の設定等に当たり収受した対価の金額を区分地上権の設定等の直前における余剰容積率を移転している宅地の通常の取引価額に相当する金額で割った価格を1で引き、その金額に余剰容積率を移転している宅地について評価した価額をかけた金額となります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

急ぎだったのに丁寧にしていただいて大変ありがとうございました。

御親切に教えていただきまして誠にありがとうございました。 今後共よろしくお願い致します。

相続税の支払いは初めての事だったので、分からない事ばかりでした。 とても親切に対応して下さり、助かりました。兄妹での大きなトラブルもなく無事に相続を終える事が出来、本当に良かったです。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る