相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

ボートの相続税評価

ボートの相続税評価

ボートの相続税評価

ボートというと、公園の池に浮かぶ手こぎのボートを思い出す人も多いかもしれません。

しかし、そのようなものだけでなく、エンジンで動くものや、レジャーボート、人や荷物を運搬するフェリーボートなど、用途も形もさまざまな種類があります。

このようなボートを相続した場合はその評価はどうなるでしょうか。

ボートは、漁船、ヨットとともに、船舶の区分に含まれ、動産のひとつとしてその相続税評価方法が定められています(財産評価基本通達136参照)。

船舶の価額は、原則として、売買実例価額や精通者意見価格などを参考にして評価されています。

しかし、それが明確でない場合には、対象の船舶と同種同型の船舶を用いて評価します。

もし同種同型がない場合には、もっとも近い形や種類の船舶で評価することとなっています。

なお、計算式は下記のとおりです。

(課税時期において新しくつくる場合の価額)−(その船舶をつくる時から課税時期までの期間の償却費合計額または減価)

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

自動車の相続税評価方法

自動車は相続税の課税の対象になります。自動車の評価方法は、財産評価基本通達上、特に決まっておりませんので一般動産として評価した金額により相続財産として申告することになります。 一般動産の評価方法 一般動産は原則として売買実例価額、精通者意見価格等を参 […]

家庭用財産の相続税評価

家庭用財産とは 相続税の課税対象となる財産には、不動産や現金のみならず、家庭用財産といった相続開始の時点で金銭的価値のあるものは全て財産として申告しなければなりません。 それでは家庭用財産とは具体的にどのようなものが含まれるのでしょうか。 家庭用財産 […]

書画・骨董品・美術品の相続税評価の実務

書画骨董品の評価 書画骨とう品は、鑑定の結果様々な価額が付けられます。 このようにして評価することで、相続財産としての価値を算出することができるのです。 書画骨とう品によっては、家庭用財産として扱われることもあります。 書画骨とう品の評価方法は二種類 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る