相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

無体財産権の相続税評価

無体財産権の相続税評価

土地や家屋、構造物や動産などの形のあるもの(=有体財産)に対しての権利に対して、発明や考案、創造物など、形のないもの(=無体財産)で、それを独占的に使用できる権利のことを無体財産権といいます。

一般的には知的財産権より範囲の広い概念として捉えられているようで、産業財産権にあたる特許権、実用新案権、商標権、意匠権のほかに、著作権や出版権、鉱業権、租鉱権および採石権、漁業権、営業権などが含まれます。

特許権および、実用新案権、意匠権、商標権の相続税評価は、将来受ける補償金の額の基準年利率による複利現価の額の合計額で求められます。

また、著作権については「年平均印税収入の額×0.5×評価倍率」、鉱業権および租鉱権、採石権の価額は、鉱山の固定資産及び流動資産と一括して、鉱山ごとに評価します。

そのほかの詳しい相続税評価については、財産評価基本通達の第7章「無体財産権」140-166において、それぞれの算出方法が述べられています。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る