相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続した生命保険の非課税枠

相続した生命保険の非課税枠

生命保険が相続税の対象となるかは、生命保険の相続の項で述べたように、その保険料の全部または一部を亡くなられた方自身で負担されていたものについては、相続税の課税対象となります。

この死亡保険金のうち、受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含めず)である場合には、全ての相続人が、受け取った保険金の合計額が非課税限度額を超える時には、その超える部分に相続税が課税されます。

非課税枠を超えなければ、相続税は課税されません。

受取人が相続人以外の人の場合には、その死亡保険金は非課税枠の制度は適用されません。

非課税限度額(非課税枠)は、500万円×法定相続人の数です。

なお、法定相続人の数には、相続の放棄をした人がいても、その人の数を含めます。

また、法定相続人の中に養子がいる場合、被相続人に実子がいる場合には養子のうち1人を法定相続人に含め、実子がいない場合には養子のうち2人を法定相続人に含めて計算することになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限まで2か月もない時間の中で、スピーディーにかつ丁寧に説明をして頂きました。

不明な点について問い合わせた際、主担当の方がご不在でも、別の方が回答して下さり、二度手間にならず助かりました。 適宜途中経過を報告下さったので、不安になることなく過ごせました。

申告期限の迫る中での依頼でしたが、親切に対応していただきとても助かりました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る