相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

上場株式の相続税評価

上場株式の相続税評価

株式の相続税を評価するときには、その株式が上場株であるかそうでないかで評価方法が違います。
今回は、上場株式の相続税評価について見てみましょう。

上場株式は、その株式が上場されている証券取引所が公表している価格の、課税時期の最終価格で評価されます。
しかし、上場株式は毎日株価が変動しています。急に上がったり下がったりすることも珍しくありません。
このため、価格にばらつきが出て不公平になることがあります。
ですから、評価の安全性を考えて、いくつかの価格を参考にすることになっています。

以下に挙げる4つのうち、一番低い金額を持って評価します。
(1)課税時期(相続日あるいは贈与日)の最終値
(2)当月の最終値の月平均金額
(3)前月の最終値の月平均金額
(4)前々月の最終値の月平均金額

簡単に相続税を計算するには  1株の評価額×株式数  になります。
しかし、配当落ちや権利落ちを考慮する必要があります。
それでは、どのように上場株式の相続税を評価するのでしょうか。

①上場されている証券取引所の確認
  多くの銘柄が東京証券取引所に上場されているので東京証券取引所のホームページ「東証上場会社情報サービス」で検索ができます。
②課税時期の最終価格の確認
③最終価格の月平均額の確認
④配当落ち確認
  財産評価基本通達170,171に該当すると、配当落ちの調整が必要になります。
⑤権利落ちの確認
  財産評価基本通達170~172に該当すると、権利落ちの調整が必要となります。
⑥その他の注意
以上の様な事項を確認しながら評価をしていきます。

(上場株式の評価)
169 上場株式の評価は、次に掲げる区分に従い、それぞれ次に掲げるところによる。(昭47直資3-16・平2直評12外・平15課評2-15外・平20課評2-5外改正)
(1) (2)に該当しない上場株式の価額は、その株式が上場されている金融商品取引所(国内の2以上の金融商品取引所に上場されている株式については、納税義務者が選択した金融商品取引所とする。(2)において同じ。)の公表する課税時期の最終価格によって評価する。ただし、その最終価格が課税時期の属する月以前3か月間の毎日の最終価格の各月ごとの平均額(以下「最終価格の月平均額」という。)のうち最も低い価額を超える場合には、その最も低い価額によって評価する。
(2) 負担付贈与又は個人間の対価を伴う取引により取得した上場株式の価額は、その株式が上場されている金融商品取引所の公表する課税時期の最終価格によって評価する。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る