相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

定期借地権の相続税評価

「定期借地権等」とは

土地を借りて建物などを建てるとき、その土地に及ぶ権利を借地権といいます。
契約期限が定められていて、期限がくるとその土地に建っている建物などを取り壊し、更地の状態で所有者に返還しなければならない土地の事を指し、定期借地権を持つ土地については、契約更新もなく、立ち退きの場合に立ち退き料を所有者に要求することも認められません。

借地権には、次の5種類が存在します。

(1)借地権
(2)定期借地権
(3)事業用定期借地権等
(4)建物譲渡特約付借地権
(5)一時使用目的の借地権

定期借地権等は借地借家法の改正により、従来の借地権と比較して、契約期限が到来しても契約の更新をしない(法定更新制度)ことや、契約終了時において建物を取り壊し、さら地に戻した上で所有者に土地を返還しなければならない借地権のことをいいます。

事業用定期借地権等、建物譲渡特約付借地権もまた定期借地権に含まれ、これらに対して、通常の定期借地権を「一般定期借地権」と言うことがあります。

「定期借地権等」の評価

定期借地権等の相続税評価には、原則的評価方法と簡便的評価方法があります。

(1)原則的評価方法
原則としては、課税時期において、借地人に帰属する経済的利益及び期限到来までの期間に基づいて評定した価格をもって相続税評価額とします。

(2)簡便的評価方法
(1)の評価方法を原則とはしますが、実務上の評価の簡便性の観点から、「課税上弊害がない」場合に限って、簡便的な評価方法により評価した金額を相続税評価額とすることが出来ます。

簡便的な評価方法を簡略化しますと、「自用地評価額×借地権割合×価値残存率」により計算した金額となり、算式は次の通りとなります。

(算式)
A×B/C×D/E=定期借地権等評価額

A定期借地権等の目的となっている宅地の課税時期における自用地としての評価額B定期借地権等設定時における借地人に帰属する経済的利益の額C定期借地権等設定時におけるその宅地の通常の取引価額D課税時期の定期借地権等の残存期間に応ずる基準年利率による複利年金現価率E定期借地権等の設定期間年数に応ずる基準年利率による複利年金現価率また、上記算式の借地人に帰属する経済的な額は、借地人から支払われる保証金の返還の有無や、地代の金額に応じて算出した金額となります。

ただし、「課税上弊害がある」と認められる場合には簡便的評価方法により評価することが出来ません。

「課税上弊害がある」場合とは、権利金の追加払いがある場合や自然発生的に差額地代が生じているような場合で、権利の設定時と課税時期とで借地人に帰属する経済的利益に特段の変化が有る場合を言います。

このように「課税上弊害がある」場合には、原則的評価方法により評価することになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

質問にも分かりやすくお答えいただき、安心してお任せすることができました。また、相続した不動産の売却についても相談にのっていただき、心配が解消して、たいへん満足しております。

電話の対応は、明るく好感が持てました。担当者は穏やかに接して下さり、安心して相談が出来ました。 業務は私の不安に対して同じ事を何回も聞くこともありましたが丁寧に対応して下さり、期間内に業務を完了する事ができました。最初は不安が大きかったのですが、近岡 […]

長津先生、佐藤先生にはとても親身にご対応いただき感謝しております。 また何かありましたら先生のお力をお借りできればと思っております。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る