相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

市街化調整区域内の雑種地の評価

市街化調整区域内の雑種地の評価

土地の課税評価の際に、その評価方法で判断の迷うような特殊な土地があります。

市街化調整区域内の土地なら、原則として固定資産税評価額×評価倍率の計算方法(倍率方式)によって評価することになっています。

しかし、倍率方式の計算に用いる評価倍率表には、「雑種地」の区分がないため、評価できません。

そこで、状況が類似する付近の土地の価額を参考にして評価することになりますが、これにも二つの方法があります。

まず、付近の宅地に比準する方法で、宅地に比準した額から50パーセント評価減して評価します。

ただし、幹線道路沿いの境界線付近にある雑種地ですと、受ける制限が比較的ゆるいため、評価減は30パーセントとなります。

0%となる場合もあります。

もう一つは、付近の畑に比準する方法です。

評価する土地の周辺が農地や山林、原野の場合には、その雑種地は宅地化による利益があまり見込まれません。

そのため、付近の宅地ではなく、純農地の評価額を基にして評価します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続に関わる手続き、税金等、わからない事ばかりでしたが、細かく何度でも説明していただきました。又、二次相続に関しても一番「良」となる方法を考えて下さって本当に感謝しております。

又、何かありましたらお願いします。

いろいろと相談に乗ってもらいました。 相談しやすかったです。対応も迅速でした。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る