相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

共同ビルの相続税評価

共同ビルの相続税評価

土地を相続する際には、その土地の使用目的や状況を考慮して分類し、評価額を判定します。

評価する土地と、その土地の上にある建物が一つ一つならば判定はたやすいのですが、時にはもっと複雑な状況も起こりえます。

例えば、A、B、C、D四つの小さな土地の所有者が、それぞれの土地を合わせて大きな一つの共同ビルを建てたとします。

土地は四つ、建物は一つ。

この場合のそれぞれの土地の評価額はどのように計算すればよいのでしょうか。

この場合には、評価する土地だけでなく、他の土地も合わせた一つの宅地の価額を評価したうえで、一つ一つの宅地の評価をするのが合理的ですから、この土地全体を一区画の宅地として評価します。

この全体の価額に、それぞれの所有者が所有する土地の価額の比率をかけて評価額を計算します。

このときの土地の価額の比率は、
「各土地ごとに財産評価基本通達により評価した価額÷各土地ごとに財産評価基本通達により評価した価額の合計額」
で算出される比率か、または各土地の面積の割合のどちらかで計算すればよいことになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての事で兄共々わからない事ばかりでした。ご説明とともに進めて頂きありがとうございました。

市街化区域内農地における、相続猶予制度など全く知識が無かったため、頼りがいのある相談を頂けて助かりました。

色々無理難題聞いて頂いて有り難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る