相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

不特定多数の通行の用に供されている私道の評価

不特定多数の通行の用に供されている私道の評価

私道には、いわゆる抜け道として使われるような、不特定多数の人が通行するものと、袋小路のような、家族など特定の人しか通行しないものがあります。

このうち、税法では、「不特定多数の通行の用に供されている私道」については、その土地の価額は評価しないことになっています。

では、「不特定多数の通行の用に供されている」とは、具体的にはどういうふうに判断されるのでしょうか。

国税庁の見解によると、

(一)公道から公道へ通り抜けできるもの
(二)行き止まりでも、その私道を通行して不特定多数の者が、地域の集会所や地域センター、公園などの公共施設、または商店街などに出入りするために使われるもの
(三)一部に公共バスの転回場や停留所があり、不特定多数の者が利用しているもの、が該当します。

あくまでも、その私道にある程度の公共性が認められるかどうかで判断されるので、その私道の幅の広い、狭いは判断するに当たって考慮されません。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る