相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

空中権の売買における相続税評価

空中権の売買における相続税評価

空中権とは、空を飛び回る権利(領空権)と混同しがちですが、そうではなく、空間に関する権利を意味し、“地上(または地下)の一部を利用する地上権または地役権で、電線の架設や地下鉄のトンネルなどに設定される”権利のことをいいます。

また、この土地の上方空間を利用する権利、つまり、容積率の未利用の部分を他者に移転することもできます。

空中権売買した場合には、相続税評価はどのように変わってくるのでしょうか。

実は、今のところ具体的な結論に至っておらず、明確な評価額の計算式はありません。

まだ研究段階で、議論が続けられていますが、容積率を売ってその対価を得ている場合には、容積率を移転を権利関係の移転と同様に、受け取った金額を参考に評価することとし、また容積率の移転を受けた場合には、容積率の対価として支払った金額を土地の取得価額に含めて評価することとするのが合理的であるとする説が有力です。

今後、取り扱いを明確にするために、法令の改正が待たれています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る