相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

土壌汚染地の相続税評価

土壌汚染地の相続税評価

土壌汚染地の相続税評価の方法には、原価方式、比較方式、収益還元方式がありますが、実際には、原価方式だけが使われます。

原価方式とは、まず、その土地の汚染が無い場合の評価額を計算します。

そこから、浄化にかかった費用と、使用収益制限減価、そして心理的要因の減価を控除したものが土壌汚染地の評価額となります。

土壌汚染地と判定されるには、課税の時点で土壌汚染地と判明していなければなりません。

調査によって、土壌汚染地と認定されることが必要で、“汚染の可能性”だけでは土壌汚染地と判定されないのです。

土壌汚染地と判定されれば、本来一億円の土地で、浄化にかかった費用が七千万円なら、実際の土地の価値は三千万円ということになります。

汚染の原因が他者である場合は、汚染した原因者に浄化費用を請求する事ができます。

ただし、浄化費用が回収可能である場合には、その請求権は相続税の対象となります。

原因者が特定できなかったり、回収不能の状態であれば、請求権は発生しません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

貴社に依頼して本当に良かったと思っております。 安心して、おまかせ出来る事が1番ですので無事済んでホットして居ります。 徳永さんには良くやって頂きました。

相続について何もわからないところで、色々と教えて頂き大変助かりました。 ありがとうございました。 最終書類が届く日程を早めに教えてもらえると良かったです。

今回は私の実母の件で大変お世話になりました。御親切に何回もの御連絡、そして何も知らぬ私に解りやすくお話し下さり助けて頂きました。心より感謝しております。 皆様本当に有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る